« 0235 アイアンとウッドの違いに関する確信  | トップページ | 0237 自分のスイングを信じますか? »

左手の握りにはストロングとウィークとそれからスクエアがあるが、これらは程度問題で定義はない。しかし左手の握り方にはもう一つ別の区別があって、そちらの違いは目に見える。クラブを握った親指が人差し指よりも前に、つまりクラブの先の方に近いかどうか、という話である。
この区別について、どちらがいいかは決まっていて、親指が出しゃばってはいけない。カギ状にクラブをつかんでいる人差し指の第二関節がクラブヘッドに一番近いところだが、その右に親指の爪の先が見える。
素人の握りは親指がぐっと前に出ていて人差し指なんて見えやしないが、玄人になってくると親指が引っ込んできて人差し指に近づく。しかしそれでも親指はなかなかしぶとく先頭を主張する。親指を引っ込めるのは大変なのだ。
このデッドヒートはゴルファーが死ぬまで続くだろう。あなたは人差し指の手前に控えめに佇(たたず)む親指の姿を見ることが出来るだろうか。ゴルフはどうやろうが大きなお世話だ。しかしこのデッドヒートには大きな意味がある。それは素人が玄人になっていく過程を測る物差しだからだ。
なぜかは知らないし、知らなくていい。ただ出来るかどうかクラブを握ってみればいい。クラブでなくてもいい。ただの棒で十分だ。スイングも何も要らない。簡単ダイエットの怪しげなコマーシャルのようだが、実際にゴルフスイングで使う使わないはともかく、出来るかどうかだけ試してみていただきたい。
この握りが出来ると、とても不思議なことが起こる。以前のグリップでもクラブは「自由」に動かせただろうが、このグリップはクラブを「自在」に動かせる感じがする。そう言えばずっと昔まだ小学生の頃、私は算数の「自由自在」という参考書がとても好きでいつもわくわくしながら読んだ。何のこっちゃ。
何時だったか誰だったか忘れたが、アメリカのトーナメントをテレヴィで見ているとティーグラウンドに日本選手とニック・プライスが立っていた。ニックは持っていたアイアンを片手でぐるぐると回して見せた。まるで子供がチャンバラをしているかのように。それを見た日本選手はニックの馬鹿力に驚いたような仕草をした。しかしあれは馬鹿力ではない。
「自在」というのはそういうことなのだ。そういう握り方がある、ということなのだ。
この握り方の効果はテニスでも同じだが、ラケットを握る場合はこの握り方を別の角度から見る方がわかりやすい。親指の根元と小指の根元を手首の方へ伸ばしていくとそれぞれ膨らんであんこ状になっている。手首の手前でこの二つの膨らみの間に谷が出来る。この谷というか溝にラケットやクラブを挟み込むと、親指が引っ込む。
テニスでもゴルフでもこの溝にきれいにシャフトを差し込み、それで強く握るのは簡単ではない。しかし手の形が変わるまで握り続けると、何時しかシャフトが手になじむようになる。これでゴルフクラブもテニスラケットも「自在」に動かせる。テニスは片手だから必要に迫られて覚えやすいが、ゴルフは右手の力が使えるので覚えにくい。
しかし左手だけでクラブを握って「自在」に動かせる感じがなければクラブをコントロールすることは出来ない。テニスで両手打ちが安定していない場合、一番簡単な練習方法は同じスイングを右手だけでトレースしてみることで、それが出来ると両手打ちでのコントロールが見違えるようになる。
つまりゴルフでも左手だけで十分にクラブをコントロールできるような握りを覚えることが、両手のゴルフスイングに安定性を与えるカギなのである。あなたの親指は引っ込んでいますか?筆者

« 0235 アイアンとウッドの違いに関する確信  | トップページ | 0237 自分のスイングを信じますか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0235 アイアンとウッドの違いに関する確信  | トップページ | 0237 自分のスイングを信じますか? »