« 0594 360ヤードパー4を考える(基本の大切さについて) | トップページ | 0592 シャンクと遊ぶ1時間 »

私のシャンクはほとんどアイアンでしか出ない。フェアウェイウッドにシャンクはない。ただ、ドライヴァーでは、当たりがすごく悪かったときにフェイス面を見ると、かなりネック寄りに当たっていることがある。

その原因はハッキリしているのだが、それなら何で普通のゴルファーが普通のアドレスから打てるのか、それがわからない。本棚の前に立って、肩の高さの棚にある本を、腕を伸ばして取る。その姿勢のまま、今度はそれより2段低い棚の本が取れるわけがない。

手が届くはずがないのだ。と言うことは、ティーアップしたボールに対して、ドライヴァーヘッドを地面に置いた状態で正確にフェイスの中央で構えたら、ボールはフェイスの真ん中には当たらない。当たるはずがない。

時折ヘッドを浮かせて構えるゴルファーがいる。浮かせたヘッドのフェイスをボールに対してピタリと合わせて構えている。これならば、いや、この方法だけが、フェイスの真芯でボールが打てる理屈になっている。

この状態からヘッドを地面まで降ろしてみると、ヘッドはボールよりかなり手前の地面の上に乗っていることに気付く。つまり、ドライヴァーヘッドを地面に置いて構えるなら、そこへ置かなければならない、ということだ。

その場所はボールが乗っているティーの真後ろではない。それよりもっと手前、体寄りの、妙な場所なのだ。計算でその位置を調べることもできるが、それより慣れる方が簡単かも知れない。

そしてこの理屈を知らないで打てば、ドライヴァーでヒール寄りにボールが当たる。フェイス面が大きいからシャンクにはならないが、当たりは悪くなる、はずだ。それなのにゴルファーはみんな平気でナイスショットしている。それが不思議だ。

読者の皆さん、ドライヴァーは浮かせて、ボールにピタリとフェイスのセンターを合わせて構えるか、あるいはそういう動作をしたあとに、自然に地面へ降ろしてきて、そこからバックスイングを始める方がいいと思います。

ただ、そうなると、どこを狙って振り回していけばいいかという、もう一つの大問題が起きるのですが。筆者

« 0594 360ヤードパー4を考える(基本の大切さについて) | トップページ | 0592 シャンクと遊ぶ1時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0594 360ヤードパー4を考える(基本の大切さについて) | トップページ | 0592 シャンクと遊ぶ1時間 »