« 0543 逆クローグリップ(パットは右手、という話2) | トップページ | 0545 軽く打つコツ »

ショットを打つときのスイングでは、アドレスで伸ばしている右ひじがバックスイングで畳まれ、ダウンスイングからインパクトで再び伸びる。そしてフォロースルーの最後まで伸びたままだ。

しかしパットでは普通はそうならない。アドレスからフォローまで、ひじの曲がり方は変わらない。手首の形さえ変わらない。正確に打つため、あるいはパワーを必要としないため、当然だと思うだろうが、それは本当に当然なのだろうか。

ゴルフは素人のくせに、パットの非常に上手な人を知っている。いつも何でそんなにうまいのか考えている。ふと気付いたのだが、その人はボールを打ったあと、右ひじが伸びていく。ゴルフのド素人だからだろうか。

もしかしてそこに秘密があるのかと、藁(わら)にもすがりたいほどパットが下手な私には、考えられることは全部考えるしかないのだ。右ひじが伸びていくと何が起こるのか、やってみる。

ヘッドが低く長くフォローを取る。ショットの場合、それはとてもいいことになっているが、パットの場合、意味があるだろうかと考える。意味があるとは思えないが、そういう右ひじの動きを使うプロを、探している。

パットの上手なプロの中に、いるだろうか。ちょっと振りにくい感じがするので、取りあえず練習してみる。 筆者

« 0543 逆クローグリップ(パットは右手、という話2) | トップページ | 0545 軽く打つコツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0543 逆クローグリップ(パットは右手、という話2) | トップページ | 0545 軽く打つコツ »