« 0245 ホックフェイスとスライスフェイス2(チタンドライヴァーの改造) | トップページ | 0247 ミスショット直後のナイスショットにだまされるな »

スライス専用ドライヴァーを作ったとき、すでにドローしない打法の用意は出来ていた。しかしボールを曲げるのは簡単だが加減は難しい。どういう方法がいいか、それは大問題で、一歩間違えればスイング全体を壊してしまう。

そもそもスクエアなスイングであれば何の問題もないのだろうが、私は理想だのスクエアだのというような怪しげな夢を見るのが嫌いだ。私のスイングはインーアウトだがスクエアスイングでなかったことを特に悲しまないしスクエアにしようとは思わない。

スイングを変えるのは非常に難しく、むしろ自然に作られたスイングが一番安定していると思う。あまりにスクエアとかけ離れたスイングでは大変だが、ちょっとズレているくらいなら直さない方がいい。たとえスクエアスイングのゴルファーがいても、毎日スクエアだということはあり得ないし、そんな保証を得られる方法があるとは思えない。

自然に出来たスイングがたまたまスクエアだったのなら、それはとてもラッキーだが、スイングは必ずブレるもので、だから自分のスイングを知っていることの方がスクエアスイングよりも大事だ。スクエアスイングがちょっとブレ出したらもう手も足も出ない。理想というのは危ない。はじめから理想と少しズレているところに居るのが一番だ。
と言うわけでドローヒッターの私のスイングはややインサイドアウトだ。フェイスを開けば右に真っ直ぐ飛ぶ。左を向いてフェイスを沢山開いて打つとスライスも出るが、加減が難しく、真っ直ぐのストレイトボールになりやすい。

そこで私は考えた。スイングを少しだけアウトサイドインの方へ動かせばストレイトボールになるのだが、スイングを変えるのは大変だ。そこで車線変更方式を考えた。アドレスで一度構えて普段通りの位置関係を保って、それからヘッドを少し前に出してフェイスのかかとにボールを合わせる。ここからバックスイングすると意識をしなくてもヘッドの軌道は普段よりも外側を通っている。
ボールはアドレスの位置にないのはわかっているので、スイングはトレース型には出来ない。行って帰ったらかかとに当たる。従ってスイングはボールのあるところを本能的に打っていく形になる。これは人に勧められる方法ではないが、一番穏やかにスイング軌道を変える方法である。まねして失敗しても責任は持たない。
私の逆に、フェイスの先の方でボールに合わせたアドレスをすれば普段よりもドロー気味のボールが出る、はずだ。危ない方法に違いはないが、右を向いたりフェイスを開いたりするのと比べると二桁以上安全な方法である。

これを車線変更型打法という。当然プロはこの手を使っている、と思う。何しろ変化が穏やかでスイングにあまり影響しないから。これで間に合わないときはスタンスをオープンにする。こうすれば当然スイングは内側に引っ張られるので緩やかにカット気味になり私のインサイドアウトを相殺する。
この二つの方法のどちらを先に使うかはゴルファーに依る。違和感が弱い方を先に使うといい。ただし効果は車線変更打法の方が幾らか大きいだろうと予想している。 筆者

« 0245 ホックフェイスとスライスフェイス2(チタンドライヴァーの改造) | トップページ | 0247 ミスショット直後のナイスショットにだまされるな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0245 ホックフェイスとスライスフェイス2(チタンドライヴァーの改造) | トップページ | 0247 ミスショット直後のナイスショットにだまされるな »