« 0256 ゴルフ技術は些細な知識の団子 | トップページ | 0258 ドロー三銃士3(背面飛び) »

ベクトルと言えばまあ普通は方向と速度で、二つの要素が平等に扱われる。ゴルフスイングも空間的な位置の変化と時間的な変化が平等に扱われなければならないのに、どうもバックスイングの方向だの、トップの位置だのと方向ばかりが問題になりやすい。

時間的な方はリズムで考えるが、それより遠くへ飛ばすことばかりが頭にあるのでリズムより速度が重要視される。ゴルフスイングはクラブを引っ張る。大きなお世話だ。クラブを押してもスイングは出来る。

それは「フライングエルボの逆襲」に詳しい。ただ引っ張る方が一般的でやさしい。どちらも結局同じことで、その仕掛けは電信柱に登って仕事をする人たちの自動車を見るとよくわかる。ずっと前から一台欲しいと思っている。

アームにシリンダーが付いていて、シリンダーが伸びると腕が上がっていく。アームがクラブのシャフトでシリンダーが腕ならこれは押すスイングのイメージになる。逆に箱を降ろすときはシリンダーが縮む。そしてアームが下がる。

シリンダーがアームを引っ張ると考えれば、これはクラブを引っ張るスイングになる。この仕掛けは見ていて楽しいし、沢山の機械が同じ仕掛けで動いている。アームが止まっているとき、そのときがおもしろい。

シリンダーは何もしていないわけではない。シリンダーがなければアームは重力の方向へ倒れる。折れ曲がるか伸びるかどっちかだ。つまりシリンダーは動いているときとほとんど変わらぬ力で働いている。ゴルファーがクラブをアドレスしたとき、ヘッドが地面に付いていなければ、腕はクラブの重さに引っ張られている。

そう、すでに引っ張られている。これは重力が引っ張っているが、バックスイングを始めた途端、今度は遠心力で引っ張られる、はずだ。重力から遠心力へうまく移行できれば、ゴルフクラブは或る一定の動きでしかスイングしない。

習熟すべきはバックスイングのきっかけを見つけることである。シリンダーのパワーでバックスイングを始めるタイプのスイングは案外少ない。誰でもバックスイングのきっかけに個性的な特徴を持っているのは、バックスイングの始動時にすでにクラブに引っ張られている力をうまく遠心力へとつなげようとするからに他ならない。

スイングの間ずっとクラブに引っ張られていられれば、そのスイングは必ず同じリズムになる。そのリズムを壊す力を入れにくくなる。スイング技術はクラブの空間的な位置の変化よりも、時間的な変化の方が重要だ。ゴルファーはそれを忘れやすい。筆者

« 0256 ゴルフ技術は些細な知識の団子 | トップページ | 0258 ドロー三銃士3(背面飛び) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0256 ゴルフ技術は些細な知識の団子 | トップページ | 0258 ドロー三銃士3(背面飛び) »