« 0281 ベタソールドライヴァーの実験 | トップページ | 0283 空前絶後のパッティング法 »

ゴルファーそれぞれに苦手な形状のホールがある。似たようなレイアウトが違うゴルフ場にも結構あるもので、私が苦手なのは距離のない右ドッグレッグでセカンドが打ち上げというレイアウト。右には深くえぐれた谷があってしばしば池になっているような感じだ。
ティーショットでフェアウェイのセンターに打ってもやや右に転がって谷の傾斜がかかる。遠くなるのが目に見えるからティーショットを左へは打てない心理的構造がある。セカンドがフルショットできないほどの傾斜ならかえって問題ないが、大抵は普通に打てるし距離はウェッジで間に合う。
このレイアウトのセカンドではフルショットをあきらめてどこか適当なところへ刻むのがいいとは思うが、何しろグリーンまでは100ヤードしかないのであきらめられないことになっている。
ゴルファーは自分の苦手なホールレイアウトがあるのかどうかよく思い出して、もしもあると気付いたら、それなりの対処法を考えるべきだろう。ちなみに私はティーショットをドライヴァーからバッフィーに換え、フェアウェイ右ギリギリに打つことでパーを取れるようになった。 筆者

« 0281 ベタソールドライヴァーの実験 | トップページ | 0283 空前絶後のパッティング法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0281 ベタソールドライヴァーの実験 | トップページ | 0283 空前絶後のパッティング法 »