« 0403 ゴルフはスポーツか、それともゲイムか | トップページ | 0405 どのクラブで打っても飛距離が変わらない女性ゴルファーの悩み »

ドライヴァーによるティーショットはゴルフの中で特異なショットである。コントロールを必要としない唯一のショットだからだ。曲げては困るが飛べば飛ぶほどいい。シャカリキに打つわけではないが、こう振れば思った通りに飛ぶ、という制限の中で、ゴルファーは目一杯打つ。

だからこそ、ドライヴァーの調整はウェッジの調整と共にもっとも興味深い細工なのだ。非常に硬いシャフトのドライヴァーでゴルフをしてきた私が、Lシャフトのドライヴァーを作る意味がそこにある。

私のティーショットは出だしのホールでは必ず左にホックする。その理屈を考えると、シャフトは、と言うか、クラブヘッドはイメージ通りに動いているが、インパクトでクラブフェイスがシャットになる。これは単なる事実だ。

なぜそうなるかというと、私のパワー不足が、あるいはスイングの性質がシャフトをあまりしならせない。しかし全くしならないなら問題はないが、少しはしなる。しなったシャフトがインパクトで戻る。

戻って行き過ぎ、つまりオーヴァーシュートして逆「く」の字にしなる。そうするとフェイスがシャットになる。クラブヘッドが行き過ぎてもフェイスがシャットにならない振り方もあるが、私のノーマルなスイングではシャットになる。それはわかっている。

私にもっとパワーがあれば、シャフトのしなりはもっと大きくなり、戻るのに時間がかかるからインパクトで行き過ぎることはない、と、そういう理由でシャフトを柔らかいレディース用に換えてみる。私の計算ではクラブヘッドが戻り切る前にインパクトを迎え、フェイスは開いた状態でスライスする、はずだった。

ところが実際ボールはスライスしなかった。真っ直ぐ、やや左方向へ飛んだ。ボールの飛び出す方向はスイングの方向と一致する。つまり、私はやや左に向いてスイングし、そのときフェイスはその方向へきっちり向いていたわけだ。

硬いシャフトのドライヴァーでは、ボールは真っ直ぐ出て、ドローする。つまり、そのときのスイングはスクエアで、フェイスだけシャットになっている。Lシャフトは軽いので、体が軽快に動いてしまったために、やや左向きになった。ありそうなことだ。

目的はフルショットをして真っ直ぐ飛び出し、そこからドローもスライスもしないボールを打つことだ。そのために考える。考え続けて、目的を達成するドライヴァーを作り出す。そこがおもしろい。

レディースシャフトのドライヴァーはドローしないことがわかったが、飛距離は変わらなかった。そうなると柔らかいシャフトの効果は半減する。柔らかい分、微妙にイメージと違うボールが出る可能性は高い。

硬いシャフトはドローするが、フェイスを適当に開いて打てば真っ直ぐ飛ぶし、何もかもが計算通りになる利点がある。柔らかなシャフトにはエネルギーを貯める力がある反面、自由にならない。もしもそれで今よりもっと飛ぶなら使う意味はあるが、同じ距離しか飛ばなかった。

こうして一つの試みに結果が出た。試験したドライヴァーは上部がパカッと開いている。それにビニール手袋を被せて蓋をしていたが、前半で割れた。ガムテープをもらって修復したが、別の場所に穴があいた。後ろのパーティーの人が絆創膏を持っていて、それを頂いて穴をふさいだ。

フルショットするべき唯一のクラブ、それがドライヴァーだから、イマジネイションをふくらませ、どういうドライヴァーならフルショットして真っ直ぐ飛ぶか、愛読者の皆様、それを考えるだけでもゴルフは楽しい。

そこから進化が生まれる。これは商売としてクラブを作るメーカーにはできない芸当だと言っても、信じてもらえるかどうかわからないが、アマチュアの持っている時間とお金、その人口のけた外れの規模は、とうていプロの力の及ばない世界にあるのだ。

プロはすぐに儲かることや、儲かるとわかっていることにしか手を出せない。海のものとも山のものともわからないものにプロは決して手が出せない。これは事実だ。だからアマチュアゴルファーだけが世界を切り開くことができる。 筆者
ヘッドが行きすぎてもフェイスがシャットにならないスイングとは、横振りのことである。横振りの場合もしなりが戻って行きすぎればフェイスは左に向く、と机上の模型ではそうなるが、実際はヘッドの重心の関係でフェイスが上を向く。つまり開く。

だから開いた分でフェイスは右向きになり、シャフトのしなりの分で左へ向き、それが相殺されてフェイスはスクエアを保つ。私はホックを打ちたいときも、スライスを打ちたいときも横振りをする。

横振りはフェイスの動きが見えるような気がして安心感がある。だからスライスもホックも確実に打てる。縦振りではヘッドが超高速に暴れるので、その暴れ方がイメージし切れない。

ただ真っ直ぐ飛ばしたいときは縦振りをするが、ラウンド中、体の状態は変わっていくのでどこかで一つか二つ必ずミスショットが出る。縦振りをするなら、十分トレーニングを積んで持久力を養い、ワンラウンドが終わるまで体調が全く変わらないようにしなければならない。

かといって横振りだけでワンラウンドするには相当図太い神経を必要とする。私の神経は細いから疲れ果ててしまう。だから適当に組み合わせるのがアマチュアの器量というものだと考えている。

« 0403 ゴルフはスポーツか、それともゲイムか | トップページ | 0405 どのクラブで打っても飛距離が変わらない女性ゴルファーの悩み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0403 ゴルフはスポーツか、それともゲイムか | トップページ | 0405 どのクラブで打っても飛距離が変わらない女性ゴルファーの悩み »