« 0264 歪んだ道具2 | トップページ | 0266 アイアンとウッド、同じに打っても同じに打てない2 »

最近のプロはビューンと打ってポンと乗せるので変わったショットをすることがない。昔はパンチショットというのをよく見た。フォロースルーのないショットと言えばいいのか、定義のわからない、しかしはっきりそれとわかるショットだ。

プロがわざわざ何でパンチショットをしていたのかよくは知らないが、低いボールを打ちたい場面やディヴォットの痕にボールが沈んでいるとき、パンチショットをしたのだろう。

今の人がパンチショットをしなくなったのはなぜか、それがわからなくて不思議だ。フェアウェイに穴がなくなったのだろうか。風が吹かなくなってわざわざ低いボールを打つ必要がなくなったのだろうか。

そう言う私も木の陰から枝の下を通すときしかパンチショットをしない。それは技術がないからだが、パンチショットだけでゴルフをしていたプロもいた昔が懐かしい。

このごろの私はフライングエルボを調査中なので、練習場でやってみたいが行けない代わりにいろいろ考えている。パンチショットとフライングエルボの関係なんかも考えている。フライングエルボはやっぱりいいスイングだと改めて思っている。何よりいいのはヘッドをボールの所へ運ぶという動作に全く不安がない。

普通のスイングはスイングだから、そのスイングとボールの位置関係が微妙だ。ゴルフマシンをボールの所へセットするのと同じ作業が必要で、うまくセットできなければボールは打てない。

ゴルフスイングにはいつでもこの種の不安がつきまとう。マシンは重いから普通ボールをマシンの位置へ合わせるが、人間マシンはボールの所へ出かけていってボール様に自分のスイングを合わせなければならない。

それ故に上手なゴルファーが一番神経を使うのはクラブフェイスを目標に正確に向けることよりもバックスイングよりもアドレスでの立ち位置だ。これが狂えばスイングしてもボールに当たらない。
これを右腕で合わせる人もいれば左腕で合わせる人もいる。プロの中には右手でつかんだクラブをボールにセットしてから左手をグリップするタイプも少なくない。

このように普通のスイングはボールとスイングが別になっている。スイングの弧の中にたまたまボールがあればラッキー、という感じだ。しかしパンチショットというのはそれとは違って、ボールを打つ、それが主目的なのでスイングに囚(とら)われることがない。フライングエルボもほとんどパンチショットと同じ感覚でボールを打つ。

そこが普通のスイングとは違ってボールを打つことに不安がない理由だ。ボールは必ず打てる。何しろボールを打とうとしているだけなんだから。そこへいくと普通のゴルフスイングはいいスイングを大事にするあまりボールを忘れる。

それでクラブフェイスの真芯で打つことがとても難しくなる。アドレスに神経を使わなければならなくなる。スタドラーはアドレスしたのかまだなのかわからないくらいでさっと打つ。

パンチショットはフライングエルボではない。普通のスイングだ。しかし普通のスイングでも、ボールを打つことだけを考えるパンチショットはスイングが質的に変化して、フライングエルボと同じになって来る。うーん。 筆者
ディヴォットというのは草鞋(わらじ)のような形をした芝生の切れ端のことで、クラブが地面から切り取った芝生を指す。穴ではない。だから「ディヴォット」ではなく「ディヴォットの痕(あと)」と言う。念のため。

« 0264 歪んだ道具2 | トップページ | 0266 アイアンとウッド、同じに打っても同じに打てない2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0264 歪んだ道具2 | トップページ | 0266 アイアンとウッド、同じに打っても同じに打てない2 »