« 0313 フレッド・カプルスのヨーヨー打法 | トップページ | 0316 アイアンとウッド、同じバランス同じ重さなのに振ったときの重さが違うわけ »

「絵に描いた餅」というタイトルがある。男性ゴルファーは180ヤード飛ばせればほぼツーオン出来る。大抵の男性は180ヤードなら何とか飛ばせる。だから誰でもパーオンする可能性を持っている。

従ってきれいで無理のないスイングを作ればスコアは良くなる理屈だ。180飛ばないなら飛ばせるようなスイングを探し、それが無理ならグリーンエッジからのコロガしに習熟する。これでパープレーの可能性が出る。

その点女性ゴルファーはそう簡単にいかない。レディースティーからのパー4が平均300ヤードだとしよう。そうすると150ヤード飛ばせればパープレー出来るが、実際150ヤード打てる女性は少ない。

360ヤードでセカンドに5番アイアンを使うのが男性の平均とすれば、それと同じ境遇を与えるには、女性のパー4は270ヤード程度である。そうでないと男性ゴルファーと同じやり方でゴルフを考えることは出来ない。

レッスンプロやゴルフ好きの夫はそのことに気付かない。男性ゴルファーならば「絵に描いた餅」は実際に食える餅に変身するだろうが、150飛ばない女性に美しいスイングを教え込んでもスコアにはならない。絵に描いたフランス料理より「たつ屋」の牛丼の方がうまいのは明らかなのだ。

150飛ばすにはスイングを大きくするか筋トレをしなければならない。しかしそれではレッスンプロが喰っていけない。そんなレッスンに人は集まらない。もっとおいしい話に飛びつくのである。「きれいなスイング」つまり「絵に描いた餅」はそういう需要に答えている。

今日もまた「絵に描いたフランス料理」が「たつ屋」の牛丼に負ける姿がゴルフ場で繰り広げられる。女性ゴルファーにとってちょっとスイングを壊してでもあと20ヤード距離を伸ばすことは、男性が飛距離を伸ばすよりずっと必要なことである。だから女子プロには男子プロに比べてやや変則なスイングをするゴルファーが多い。

あと20ヤードのためには「絵に描いたフランス料理」を捨てなければならない。そこに練習熱心だが非力な女性ゴルファーが100を切る決め手がある。喰えなくなるのを承知でそういうレッスンをするプロはいないが、それは誰の責任でもない。強いて言えば生徒が賢くなるのを祈るほかない。

私は喰えなくなったが、後悔してはいない。それにしてもこういう話は鶏(にわとり)が先か卵が先かという話でもある。あるいは誰が鈴を付けるか、という話にも通じる。筆者

« 0313 フレッド・カプルスのヨーヨー打法 | トップページ | 0316 アイアンとウッド、同じバランス同じ重さなのに振ったときの重さが違うわけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0313 フレッド・カプルスのヨーヨー打法 | トップページ | 0316 アイアンとウッド、同じバランス同じ重さなのに振ったときの重さが違うわけ »