« 0457  腕が伸びる、シャンク | トップページ | 0459 スウィッチバック方式のシャンク »

左手一本でスイングするイメージを持っているゴルファーはシャンクしやすい。フライフィッシングなどで、初めに構えた位置からキャストすると、腕や竿の形はキャストの前と同じに戻るが、同じ位置には戻らない。

やはり投げるという動作があった後だから、手の位置は一瞬少し前に出ただろう。ゴルフのバックスイングでは左手がロールしていく。スクエアグリップならばアドレスで目標を向いている左手の甲は、バックスイングを始めてシャフトが90度まで動けば、目標の90度右、つまり体の正面を向いていなければならない。

これをダウンスイングで元に戻すとき、左手はロールする。ロールには遠心力が伴うから、外側に振られる。この時右手がしっかりしているなら、つまり右手がスイングに深く関わるスイングなら、外側に振られる量は小さい。

ケプラーを使って飛距離を稼ぐスイング、インパクトギリギリまでコックをほどかず、真っ直ぐボールに向けてシャフトを引っ張るタイプのスイングはシャンクしにくい。右手を強く使うからだ。

右手を使うばかりでなく、手首の関節が非常に柔軟に動くので、左手の甲の向きがぐちゃぐちゃになり、結局向きがなくなっている。「ジーン・ザ・マシーン」にあるインパクトだけのスイングである。途中は無視する。

クラブフェイスの向きをずっと見ている必要がないから、左手の甲の方向を意識しながら振らない。スイング中にフェイスの向きを見つめ続けるスイングはシャンクしやすい。ロールによって外に振られる率が高く、右手の力をあまり使わないから右手が泳ぐ。

ところで、ケプラーを使うスイングはシャンクしにくいのに、それでもシャンクするゴルファーがいた。ケプラーだからよく飛ぶ。私より40ヤード前に飛ぶ。飛ぶのには驚かないが、驚くほど正確に飛ぶ。

短いコースでドライヴァーは使わないし、楽々と80を切る。何しろ私がスプーンで打つところを6番アイアンで打つから、打ち上げの砲台グリーンばかりのコースだとプレーの難度が大きく違う。

長いコースでもまず80を打つことはなさそうだが、それはシャンクが出なかった日に限られる。私は実際に見たことはないが、ウェッジのシャンクに悩まされているらしい。ウェッジのシャンクは初心者マーク付きのシャンクで、気を付ければほとんどとめられる。

デイヴィス・ラヴ型のスイングでも、コントロールしようとしたとき、フルショットのときとスイングの軌道が変わることがある。そのときシャンクが起こる。原因はどれか。

右手で打つスイングでもコントロールショットだから右手の力が弱くなってヘッドが流れるのか。それともありふれた原因、つまりフルショットでは誰の体でも軽く上にスウェイするのだが、ウェッジで慎重にゆっくり打つとそのスウェイがなくなる。

その分ヘッドは行き先を失い、ダフるわけにもいかないので遠方へ逃げる。これを避けるにはオープンスタンスでヘッドが自然に手前に引き込まれるように打つのが普通だが、ゆっくり打つときでもフルショットと同じ程度の体の伸び上がり、上へのスウェイをわざと心がける手もある。

いずれにせよ現場で実際にボールを打つ前に一度これからする予定と同じコントロールショットの素振りをしてみて、ヘッドが外側を通っていないことを確かめればいい。地面に目印を探し、それを目がけてスイングし、インパクトでとめてみれば、シャンクの場合はハッキリわかる。

だからシャンクになるはずならば、上に書いたような方法で対処する。大事なのは現場での素振りで、これはシャンクについてはかなり確実にわかる。素振りで大丈夫だったのに実際に打ったらシャンクしたということは一度もないが、素振りでシャンクすることがわかったことは何度もある。

ウェッジのシャンクは謎の少ないシャンクで、謎だらけのシャンクの中では難易度は低い。 ローシングルがシャンクでゴルフをあきらめることは少なくない。何しろボールが打てるかどうかを心配しなければならないから、ピンを狙う距離感だとか、打ち方だとか、そういう話は遠い夢のような世界になってしまう。それがシャンクの恐ろしさだ。

プロは練習時間が桁違いなので、別の方法でシャンクを克服する場合もあるだろうが、その方法をここに書いても意味はない。 筆者

« 0457  腕が伸びる、シャンク | トップページ | 0459 スウィッチバック方式のシャンク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0457  腕が伸びる、シャンク | トップページ | 0459 スウィッチバック方式のシャンク »