« 0470  私が一般的なスイングで打つとどれくらい飛ぶのか | トップページ | 0473  続パットラインの計算(システムを考える) »

ティーグラウンドの傾斜を読むか読まないかがティーショットの成否に決定的影響を与えることはすでに書いた。フェアウェイに向かって登り、つまり左足上がりならばドローするし、逆に左足下がりの傾斜になっていればスライスが出やすい。

しかもティーグラウンドが平らなことは滅多にない。ついでにティーグラウンドの四角がきちんとフェアウェイに向いていないティーグラウンドがコースの中に少なくとも一つある。それに気づかないとフェアウェイには絶対打てない。

たとえ気づいたとしてもどうしたらいいのか研究していなければやはりボールはフェアウェイに落ちない。ティーショットの研究は練習場でただ真っ直ぐ打てるようになればいいのではない。それだけではほとんど何の役にも立たない。

練習場で真っ直ぐ打てるスイングをティーグラウンドで再現するにはこれだけの情報と知識を必要とする。しかし話はこれだけではなかった。昔からティーグラウンドから見る景色の影響についてはよく知られている。池越えで必ず池に入れるゴルファーがいるのは心理的なものである。

ところが普段は真っ直ぐ打てるのに打ち上げのホールでは左に、打ち下ろしのホールだと右に飛ぶのはなぜだろうか。ティーグラウンドの傾斜が地形と同化していて、打ち上げならば左足上がりのティーグラウンドが平らに見え、打ち下ろしでは下がり気味のティーグラウンドが平らに見える、と言えばそれらしいが、事実は分からない。

ゴルフ場を造成する工事関係者は打ち上げのホールになる地形で相撲の土俵のようなティーグラウンドを作る際、わざわざ地形のスロープに合わせて斜めに傾斜した土俵を作るだろうか。レヴェルを使って平らなマウンドを作るのではないか?だとすれば、話はややこしくなる。

ティーグラウンドの傾斜が平らだとして、それでも打ち上げのホールのティーショットが普段よりも左に飛ぶとすれば、それはなぜか。

スライスと戦っている最中の初心者は果たして打ち上げでもスライスが出るのか、それとも普段より右に曲がりにくいのか、大昔に初心者だった私はもうとっくに忘れたが、初心者の場合は打ち上げで飛距離を稼がねば、と思うあまり力が入って余計にスライスするかも知れない。むしろ打ち下ろしの方が真っ直ぐに飛ぶような気もする。

これは初心者の心理が影響するのだろうが、非初心者の場合は何で打ち上げで引っかけ、打ち下ろしでは右に飛ばしやすいのか、それはなぜだろう。

打ったボールを早く見たいと思って顔を上げるからルックアップ、これをこちらではヘッドアップと言うが、初心者がヘッドアップするとフェイスが開いてスライスする。しかしこのセオリーは上級者には通じない。

腕っ節の強い、たとえば相撲取りがヘッドアップするとドローする。ゴルフの上級者もスイングに慣れているのでヘッドアップするとボールを抱え込んだまま体ごと左に向くからドローが出る。

つまり上級者が打ち上げで早くボールを見たいとヘッドアップすれば左へ飛ぶということだろう。従ってヘッドアップしないようにという、ごく平凡な結論が出た。しかしそれでは打ち下ろしで右に出やすいのはなぜだろう。理屈から言えばヘッドダウンしているから、と言うことになる。

ヘッドダウン、一体それは何か。いずれにしても、平らな普通のホールの普通のティーグラウンドからストレイトボールを打てるなら、打ち下ろしで同じ首の使い方をすればストレイトボールが打てるし、アップヒルでもヘッドアップしなければいい、ということになった。うーん、ゴルフは実に繊細だ。筆者

« 0470  私が一般的なスイングで打つとどれくらい飛ぶのか | トップページ | 0473  続パットラインの計算(システムを考える) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0470  私が一般的なスイングで打つとどれくらい飛ぶのか | トップページ | 0473  続パットラインの計算(システムを考える) »