« 0322 左脇を締めるべきか | トップページ | 0324 O.B4連発の真相 »

ストロンググリップ(左手の握り方)を使うゴルファーは左手の親指を照準にする場合が多い。インパクトでのクラブフェイスの向きを見ているのはこの親指であり、全神経がこの指に集まる。一方スクエアグリップを使うゴルファーは左手の甲全体を一つの面として捉え、その面が方向を決めているのでそこに神経を集中させる。

ストロンググリップはその性質上コックをあまり深くできないので飛距離の点でスクエアグリップに劣る。これを避けるためにドライヴァーショットに限って左手をわしづかみにする。左の親指をグリップに沿わせないのでコックは深くできるが、親指の繊細な感覚を照準器として使っているグリップの、その照準器がなくなるのだから問題である。

私の予想ではボールはやや右に出やすくなる。左手親指の厳格なプレッシャーで、真っ直ぐあるいはドロー気味のボールを打っている私が親指を外すと飛距離は数ヤード伸び、ボールは普段よりもやや高い弾道で飛ぶはずだ。狙いは幾らかぼんやりとしてくるだろうが、普段が神経質過ぎるのでちょうどいいかと思う。

スクエアグリップを使うゴルファーでも左手の親指をヴァードングリップで握る限りバックスイングの大きさは制限されるが、シャフトが背中で地面と水平になる程度までは全く問題ない。しかしストロンググリップでは余程体が柔らかくないとそこまで引く前にストレスが出てくる。

40肩が治らず元々バックスイングの浅い私がいよいよ浅くなってきて、このグリップを思いついた。ストロンググリップでコントロールのいいゴルファーはドライヴァーの飛距離のためにワシづかみを試してみる価値はあるだろう。筆者

« 0322 左脇を締めるべきか | トップページ | 0324 O.B4連発の真相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0322 左脇を締めるべきか | トップページ | 0324 O.B4連発の真相 »