« 0502 本当のゴルフ場 | トップページ | 0504 スリークォーターとはどういうスイングだろうか »

バックスイングを大きくする話はそろそろおしまいに近づいてきたようだ。バックスイングのスタートからシャフトが90度回った地点で、左手の平はスイングプレーンにピタリと張り付く。

そこから先、左の手の平はスイングプレーンを撫(な)でるが如く、どこまでもプレーンに張り付いたままトップまで行く。これがゴルフスイングの王道だと思うが、おもしろいことに、王道は正道でも一般道でもない。

この王道に従えば、オーヴァースイングは出来ない。オーヴァースイングを実現するには左手首を甲側に折らなければならない。多くのゴルファーがこの方法でオーヴァースイングを実現し、飛距離を稼ぐ。

しかしもう一つの方法がある。それは左のひじを折ることである。そんな馬鹿なと思うだろうが、私にしてみれば、左手首を甲側に折ることと、ひじを折ることと、王道からそれる度合いは同じである。

手首を折ることは誰でもするのに、ひじを折ることは誰もしない。私にはそれが不思議だ。ゴルフは正確に打たねばならない。それには王道が一番だ。しかし飛距離もゴルフの重要な要素だ。それにはオーヴァースイングが欠かせない。

左手首を甲側に折ればインパクトは闇の中だが、ゴルファーはそれを恐れない。左腕のひじを曲げれば、コンパスの足の長さが変わるようなもので、やはりインパクトに不安が出てくるが、なぜかゴルファーは二つある選択肢の、必ず一方だけを使う。

(こういう話をすると、私自身のスイングがかなり異様なものではないかと思うかも知れないが、私のスイングは呆れるほどシンプルで、何のテクニックも使わず、マシンのように上げて下ろすだけだ。

私のドライヴァーのスイングを知っている人が言うには、私はただ上げて、下ろしてきたクラブヘッドがドドッとボールを押すだけだそうだ。だから飛距離は出ない。アイアンは、シャフトが12時を越える程度まで上がって、下がるだけだ。手首もひじも、全く動かない。)

ゴルフスイングが王道を行っても、勝負に勝てるわけではない。それはテストの偏差値が平均をやや越えることを約束するが、それ以上は何も保証していない。プロはそれでは喰っていけない。アマチュアもシングルにはなれても、試合に勝つまではいかない。

飛距離とコントロール、つまりスポーツの持っている二つの要素を組み合わせてゴルフは成り立っている。ゴルフの王道と考えられるスイングがコントロールを保証し、非道と考えられる左手首の甲側への折り曲げと左腕のひじの折り曲げのいずれかによるオーヴァースイングが飛距離を保証する。

要するに、飛べば曲がり、真っ直ぐ打てば距離が出ない。それはゴルファー誰もがわかっていることだ。ゴルファー一人一人が自分なりの、最適なバランスを見つけることが大事だ。 

それにしても、オーヴァースイング実現のために大胆に左ひじを曲げたスイングを使わないのはナンセンスだ。野球のバッターはバックスイングのトップでひじを曲げて構えている。筆者

« 0502 本当のゴルフ場 | トップページ | 0504 スリークォーターとはどういうスイングだろうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0502 本当のゴルフ場 | トップページ | 0504 スリークォーターとはどういうスイングだろうか »