« 0397 ダスティン・ジョンソン、ローリー・サバァティーニ、ザック・ジョンソン | トップページ | 0395 たとえばシャフトの剛性感の大切さ »

0396 キャディバッグの中
ドライヴァー 230ヤード
スプーン   200ヤード
バッフィー  185ヤード
7W     175ヤード
4番アイアン 不明
5番アイアン 160ヤード
6番アイアン 150ヤード
7番アイアン 135ヤード
8番アイアン 125ヤード
9番アイアン 110ヤード
PW      100ヤード
SW1     80ヤード
SW2     60ヤード
パター
水ぽちゃピックアッパー 
私はパターが下手で、3パットは当たり前だからワンラウンドで9ホール3パットになることは普通だ。今日もパー3で二度ダブルスコアの6をたたいた。この飛距離の表を見て、私と同程度だと思うゴルファーがいるなら、80を切れる。
私よりも飛ぶゴルファーは、72が出る。私に72は出せない。今のところは。しかし3パットがひとつもない時には必ず80を切っている。キャディバッグの中にはそこそこ飛ぶ道具しかない。
この道具はかなり変形していて形は普通でないが、飛距離から見ればごく普通だろう。飛距離がゴルフではない。「些細な知識の団子」がゴルフの技術であり、スコアなのだ。極論すれば、スイングはゴルフの技術ではない。
プロにとっても優れたスイングは大事だが、勝つか負けるかを決めているのは知識だ。どれだけ多くの経験を記憶しているかが勝負なのだ。こういうライで、こういう傾斜で、こういう芝生で、どう打てばどうなるか、それを覚えているかどうか、それが全てだ。

経験があっても、覚えていなければ経験がないのと変わらない。ある意味で、記憶力がゴルフの技術の要(かなめ)なのだ。記憶できないなら、手帳を持ってゴルフをする。何でもメモして、ゴルフとゴルフの間に家でそのメモを読み続けると、それは記憶になる。
私の飛距離は普通だし、パットはゴルファーの限界を超えて下手だ。つまり私よりもいいスコアで上がれるゴルファーは潜在的に相当数いる。私はそれを知っているし、確信している。筆者
水ぽちゃピックアッパーは池の多いゴルフ場では欠かせないものだが、キャディさんのいないゴルフ場で見たことはない。真名というゴルフ場は池が多いのか、カートに金属製のピックアッパーがセットされていた。
それは針金の輪に、二本の針金を回して半球型にした赤ん坊のおむつカヴァーのような形状だが、私のは幅9ミリの塩ビの板で輪を作り、それに直径3ミリの輪ゴムを回して、地球ゴマのようにしたものだ。

キャディさんの使う道具は実際にはボールを拾いにくい。沢山の種類のボールピックアッパーを見てきた末に作った私のものは、二つの輪の隙間へボールを押し込むだけで、ボールは輪の中に入って転がり落ちる心配がない。

特許はないが、世界中で一度も見たことがないから、欲しい人は作ればいい。とても便利だ。二つの輪を合わせて球状にすればいいだけだ。ひとつの輪は、ある程度の幅を持った硬いもので、もう一つの輪は柔らかなゴムにする。

私はこれをもう5年使っているが、これよりうまい作品を知らない。ゴムはDIYの店でパッキングとして売っているゴムリングから適当なのを選べばいい。

使い方は簡単で、輪と輪の隙間にボールを当てて押しつけるだけだ。やってみるとわかるが、この世で売られている全てのボールピックアッパーとは次元の違う使いやすさだ。

« 0397 ダスティン・ジョンソン、ローリー・サバァティーニ、ザック・ジョンソン | トップページ | 0395 たとえばシャフトの剛性感の大切さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0397 ダスティン・ジョンソン、ローリー・サバァティーニ、ザック・ジョンソン | トップページ | 0395 たとえばシャフトの剛性感の大切さ »