« 0472  打ち上げはなぜ左へ飛ぶのか | トップページ | 0474  前向きパットの思わぬ利点(パターヘッドの重さの限界について) »

私のパットは前向きパットなので引っかけもプッシュアウトも起こらない理屈だが、幾らか練習したので本当に打ち損じはない。必ず思ったラインに打てる。しかしラインが読めない私には思い通りのラインに打てても何の意味もない。グリーン上に真っ直ぐなラインが無い限り入らない。グリーンに真っ直ぐなラインはほとんどない。ラインを読む力は「些細な知識の団子」だから、沢山ラウンドしなければならないが、それは出来ない。

青木プロが引退したらその世界一のパットの秘密を公開するだろう。それは世界一の「些細なパットの知識の団子」である。しかしそれまで待てない。計算すればパットは入る。測定器とコンピュータがあれば物理法則だけで百発百中のパットは出来る。そのソフトウェアを作る。まだこのプロジェクトはスタートしたばかりだが、少しだけ書く。

ラインを計算するのに測定器とコンピュータが最初に何をするかを考える。ラインを決めるときに最初にするのは傾斜の向きを決定することだ。それはパットをしようとするゴルファーも同じであるべきなのに今までそれほど神経質に傾斜の方向を調べなかった。ただ転がるラインをイメージしていた。これが計算の第一歩だ。

実際に計算に必要なのはこの傾斜の向きと傾斜角、それに芝の摩擦、たったそれだけしかない。無論カップまでの距離も測定する。私はこの時点で暫定的に次回のラウンド用の手順を考えた。まずボールとカップの中間地点にマークを付けて「支点」と呼ぶ。その点の上にグリーンの傾斜を示すラインを描く。これだけで私のパットにとっては大進歩だ。

傾斜のあるパッティングで最もシンプルなのはカップとボールの位置がレヴェルで、高低差がない場合だ。傾斜が左下がりだとしてこの場合右に打ち出す。支点を直角に横切る傾斜のラインのどこを横切ればいいか、と考える。ボールのラインは弧になるが芝生の摩擦で傾斜のラインに対称な弧にはならない。それよりも少しだけ右側、高いところへ向かって打つ。

問題はこの度合いだ。傾斜を度数ではなくタンジェントで表せば、たとえば傾斜が10度くらいに見えれば比率は0.18で、それは5メートルの長さに対して1メートル弱下がる傾斜ということになる。計算機に計算させるにはこの方が便利だ。仮にボールとカップの距離が5メートルだとして、カップへ直線的に5メートル打ったらボールはどこへ行くだろうか。

傾斜のタンジェントと芝生の抵抗力、それにカップとボールの高低差、そしてカップまでの距離がわかれば計算でカップインできる。支点を含む傾斜のラインまで打つときに、どれだけ上側に打てばいいのか、それは1ミリの単位まで正確にわかる。今はまだわからないが。

今のところ重要なのは、支点を横切る傾斜のラインを正確にイメージすることだ。そのラインのどこを横切るようにパットをすればいいかまだ計算は出来ていないが、それはいずれわかる。カップからと、ボールから、それぞれ傾斜のラインに直角な平行線を引き、その線が傾斜のラインと交わる点から支点までの長さの何パーセントの所を通すようにボールを打てばいいか、そういう表し方で正しいラインは表現される。

パットは経験だ。しかしそれは数値化しにくいが単純なシステムに過ぎない。芝の重さが最も難しい要素だが、そのうちに何らかの方法が見つかるだろう。私はあきらめの悪い、と言うか、あきらめを知らない人間で、行き詰まったときには笑って次回のチャレンジを誓う。システマティックなパットラインの計算は近いうちに見つかるだろう。筆者

« 0472  打ち上げはなぜ左へ飛ぶのか | トップページ | 0474  前向きパットの思わぬ利点(パターヘッドの重さの限界について) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0472  打ち上げはなぜ左へ飛ぶのか | トップページ | 0474  前向きパットの思わぬ利点(パターヘッドの重さの限界について) »