« 0428 「歪んだ道具」はゴルファーを二度苦しめる その1 | トップページ | 0430 クラブバランスを揃えることは正しいのか »

ゴルフクラブについて「角度」と言えばライ角とロフトだが、クラブを「歪んだ道具」として考えた場合の、クラブの「角度」と言えば「つり下げ角」と「寝姿(ねすがた)角」である。

「つり下げ角」の話はその1に書いた。簡単のためにL字型の棒の縦を「白」に、横線を「黒」に塗ったとする。白棒の先をつまんでみれば、白棒はやや斜めになる。その度合いは黒棒の長さに、あるいは黒棒の質量による。黒棒が長いほど白棒はより斜めになっていく。
なぜその白棒の斜めになる度合いがクラブによって違うと困るか、理解できない方もいるだろう。たとえばグリップ力がゼロで、つまりグリップが油まみれになっていたとすると、クラブフェイスの向きはゴルファーの自由にならなくなる。

しかしグリップエンドに野球のバットのようなストッパーがあれば、スイングには影響しない。ただフェイスの向きがインパクトでどうなるかはわからない。ちなみに、そういうグリップのクラブを振ったとして、インパクトでクラブヘッドは回転しているだろうが、どちら向きに回転すると思うか。

それは釣り糸の先のおもりがクルクル回っているのと同じで、どちらに回るかわからないようだが、実は決まっている。竿の動かし方に対して厳密に決まっている。グリップ力のないクラブを振ったときも、ヘッドはインパクトで回転している。

つり下げ角があると、私たちの体は無意識に無理をしてその位置を保っている。つり下げ角が変わると、その無理の仕方も変わるのだが、気付かない。ボールを打つ、という当たり前過ぎることをするので、ちょっとつり下げ角が変わって力学が変わっても、気付かない。

普段より重いクラブを振れば重いとわかるが、差が小さいときには体ががんばってスイングスピードはほとんど変わらない。しかし重さが大きく違えばスイングは明らかに遅くなる。逆に軽くなった場合、それに気が付かないで振ればスイングのタイミングが早くなって左に引っかける。

同様のことがつり下げ角の違いでも起きている。体力に余裕があれば変化は小さいが、スイングは高速で、クラブ自体は軽いけれど、高速で回転する物体の持つエネルギーは決して小さくない。

ジャイロ、地球ゴマを手に持ったことがあるだろうか。あれが回っているとき、あの小さなコマをつまんで向きを変えようとすると、なかなか出来ない。不思議な力が回転力によって生まれているわけだ。

L字型の棒の白棒部分をテーブルに乗せ、黒棒部分をテーブルの外へ出すと、ご存じのように黒棒は垂れ下がる。この場合は真っ直ぐ下へ垂れ下がる。ところがアイアンを同じようにテーブルに乗せ、ヘッドを外に出しておくと、ヘッドも垂れ下がるが、真っ直ぐには垂れ下がらない。
L字の棒は言わばロフトがゼロのアイアンだからだ。普通のアイアンにはロフトがある。L字の、白と黒に塗りわけた棒の黒棒の先に、ごく短い赤棒を、白棒に対しても黒棒に対しても直角になるように取り付ける。

何というか、クランクみたいなものが出来上がるが、これがゴルフクラブの正体である。この赤棒があるために、「寝姿角」が生まれる。これは前からずっと書き続けているように、クラブの歪みを作る張本人の角だ。

この寝姿角は最近のパターではほとんどゼロになっている。しかしアイアンにロフトという小さな赤棒がある限り、寝姿角はゼロに出来ない。アイアンセットだけなら、設計次第でこの角度を同じにすることはできそうだが、やってみたことはない。

問題はウッドとアイアンの寝姿角の差だ。かなり大きな差があるので、スイングに大きく影響している。アイアンと同じ角度に設計するにはどうすればいいか、うまい方法はないのか、考えている。

メーカーの設計者達は、私がここに書いた「つり下げ角」も「寝姿角」も知っている、はずだが、気にしていないのか、儲かるほどの研究でもないのか、こういう話題を一度も聞いたことがない。練習量を前提に、それに頼ったゴルフを考えるからだろう。 筆者

« 0428 「歪んだ道具」はゴルファーを二度苦しめる その1 | トップページ | 0430 クラブバランスを揃えることは正しいのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0428 「歪んだ道具」はゴルファーを二度苦しめる その1 | トップページ | 0430 クラブバランスを揃えることは正しいのか »