« 0637 ゴルフは前輪駆動か後輪駆動か | トップページ | 0635 スイング2題(スピースとムーア) »

「右手親指の底力」を書いたのは、ウッドのドローを押さえるのが目的だった。杉の花粉で空が黄色く染まる千葉のゴルフ場だからまだテスト出来ないでいるが、一応ウッドのグリップは試験待ちということになって、アイアンの素振りを始めた。すると左手の人差し指を積極的に使う感じが出てきた。



私は熊手型スインガーだから元々左手首をストレイトかやや逆「く」の字に固定し、ユンボ(建設機械の一種で首の長い恐竜のような、あのマシン)が土を抱え込むのと同じ感じでボールを運ぶ。ほうき型のように撫(な)でていくのではない。無論、撫でていったとしても、最後にシャフトのたわみが反転してボールを上げていくのならば、熊手型のリリースと同じになるが、シャフトの挙動がどうなるのか、それはゴルファーそれぞれだ。



誤解されると困るが、熊手型スイングは結果的にシャクるような感じにボールを打つが、決してシャクっているわけではないし、そんなイメージもない。今回、その熊手型の進化型というか、ただ左手首を固定したまま打つのではなく、左の人差し指をグルッと多めに、深く回し、グリップの右側に押し当て、そこに作られたホックを使ってクラブを引っ掛け、積極的にスイングにパワーを注ぎ込む形式を見つけた。



人差し指が頑丈なホックの役目を果たし、インパクト寸前でクラブを引っ掛けて左へ引っ張る。グリップするときに、一度普通にグリップした後、人差し指を目一杯クラブの先の方へ伸ばしてグリップを広く握り、さらにグリップの裏側を越えた、右側の面に固定する。



さらに、そこから親指と人差し指の形を崩さず、その二本だけでクラブを支え、それ以外の3本の指の力を一旦緩める。人差し指がクラブを引っ掛けて引っ張りやすくなるようにイメージしながら、自然に中指、薬指、小指を握り直す。



アドレスすると、インパクト近傍で人差し指がグッとクラブを引っ張る感じがすでに出来上がっていれば、それでこのグリップ、あるいはスイングは完成する。素振りだけだが、この方法はインパクトの精度が高い。ダフリやトップが起きにくいスイングイメージだと思う。



テストしていないからわからないが、左に飛んでいく危険性はあるので、バックスイングの方向やアドレスでのグリップ自体の方向など、少し修正する必要が出てくるかも知れないが、ボールは今までよりも高く上がって、しかも飛距離はほとんど落ちないだろうと予想している。



この左手人差し指の使い方が実際に効果的ならば、熊手型は進化したということになる。出来るだけ少ない練習量で、常に80を切れるスイングを考えてきた私だが、この左手人差し指の動作が、偶然に頼ることなく人生の終わりまでに75以下で回ってみたいと願う多くのゴルファーの助けになるかどうか、テストの結果を待っていてください。 筆者

« 0637 ゴルフは前輪駆動か後輪駆動か | トップページ | 0635 スイング2題(スピースとムーア) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0637 ゴルフは前輪駆動か後輪駆動か | トップページ | 0635 スイング2題(スピースとムーア) »