« 0636 右手親指でクラブを吊る、不思議なグリップ | トップページ | 0638 右足の構え方、その角度について »

ゴルフスイングで手先や指を使うのは御法度だが、誰でも無意識には使っている。意図的でないからいいのだが、実際にはその使い方にこそスイングの個性が出る。左手の中指がもう少し長いといいのに、と思ったことがある。同じく左の親指がちょっと短いとありがたいが、と思ったこともある。
ゴルフスイングは体全体でするもので、手先を使うと泥沼にはまる。それは確かなことだ。ごく些細なコントロールの調整に手先を使いたいと思うのは無理ないことだし、効果が出ることもある。ただ、それが今までのスイング全体を壊してしまう。
右手の指が長いといろいろ便利なのにと思うことがある。しかし持て余すこともあるだろう。大事なのは手先を意識的に使おうと考える理由が、スイングの、あるいはボールコントロールのちょっとした変更のようなものであってはうまくない、ということだ。スイングの根本的な変更のきっかけに使おうと言うなら、やってみる価値はある。 筆者

« 0636 右手親指でクラブを吊る、不思議なグリップ | トップページ | 0638 右足の構え方、その角度について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0636 右手親指でクラブを吊る、不思議なグリップ | トップページ | 0638 右足の構え方、その角度について »