« 0645 フェイスを動かすスイング、ヘッドを動かすスイング | トップページ | 0647 押し玉 »

前にもインターロックグリップの効用について書いたことがあるが、今回はどういうタイプのゴルファーが、現在使っているだろう一般的なオーヴァーラップグリップからインターロックへ変更する意味があるか、効果があるか、という観点で話をしてみる。



ベイスボールグリップは10本の指でしっかりクラブをつかむ。オーヴァーラップグリップは右手の小指の、シャフトをつかむ力を消す。そしてインターロックグリップは左手人差し指がシャフトをつかむ力をも消す。右手の小指がシャフトを強く握ろうとすると、左手の人差し指がつぶれて痛むから。



インターロックはシャフトという棒を3点で支えることを拒(こば)み、2点支持を強制する作用がある。それは時にスイングを矯正し、ボールの行き先を変える。たとえばボールを左に引っ張るクセがあるゴルファーの中には、左の人差し指の力が強すぎるせいでヘッドを走らせすぎてしまうために引っ掛けたりドローさせたりすることがある。



そういうゴルファーがインターロックを使うと、左手の人差し指でグリップをギュッと握ることが出来ないため、ヘッドのターンが緩(ゆる)やかになる。それでボールを引っ掛けられなくなる。この方法の利点は、今までと同じスイングで自動的にボールの行方を矯正できることだ。



インターロックを使わずに左手人差し指の力を適度に殺すのはかなり微妙な技術である。その苦労が不要になる。ベイスボールグリップはもちろん、オーヴァーラップグリップにしても、右手と左手がつながる部分には少なからず支点や作用点、そして力点さえ作り出せるグリップで、それがうまく使えるゴルファーはそれでいい。



うまく使えないゴルファーは別の方法を考える。左に引っ掛けるゴルファーばかりではない。ボールが右に出てしまうゴルファー、真っ直ぐには出るがスライスするようなビギナーがオーヴァーラップからインターロックに変えたときにも、ボールが真っ直ぐに出るようになる可能性がある。



この場合の理屈も、3点支持が2点支持になったことで、今まで真ん中の支点を力点に流用していたために間に合わなかったヘッドの走りが、2点支持に変わったことで、一番先端の、右手の人差し指が力点になってヘッドを以前よりも機敏に走らせられるようになるか、あるいは左手の小指にある元々の支点を中心にしたヘッドの走りが滑らかに行えるようになるか、どちらかはわからないが、そういう変化が起きてボールの行き先が変わる可能性はある。



簡略に言えば、上級者のドローを何の練習もなしに解決し、初心者のスライスを、グリップの形式を変えるだけで幾らか改善できる、という効果が、一切の努力も熟慮も悩み込むこともなしに実現できるのがインターロックというグリップです。逆に出ることもありますが,とにかく変化します。 筆者

« 0645 フェイスを動かすスイング、ヘッドを動かすスイング | トップページ | 0647 押し玉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0645 フェイスを動かすスイング、ヘッドを動かすスイング | トップページ | 0647 押し玉 »