« 0644 ショートウッドのアドレスにご用心ご用心(ゴルフパートナー様宛) | トップページ | 0646 インターロックが必要なゴルファー(インターロック論再び) »

ゴルフクラブは奇妙な道具で、バランスが悪い。ラグビーボールというか、曲がった野球バットというか、そういう感じのものである。グリップエンドをつまんでぶら下げるとシャフトは垂直にならない。部屋の柱など垂直と思われるところへクラブを持っていき、グリップエンドを軽くつまんでぶら下げると、シャフトは柱と平行には垂れ下がらない。



ぶら下げながらフェイスの向きをグルッと回せば、シャフトはごく細長い円錐を描く。この円錐の中心軸がクラブという棒きれの芯に当たる。芯がフェイスのどこを通るか、クラブをぶら下げておいてブレイドのところに印を付けておく。フェイスの真ん中ではいけない。必ずソールのところのエッジに印を付ける。



このクラブをアドレスして、一応目標方向に対してブレイドを直角に合わせるのだが、その跡はフェイスの向きを頭から消してしまって、向きのないただ一本の棒を振ることに集中する。これが一つの打法。ハンドダウンのゴルファーにはちょっと難しいですが。



一方でフェイスの向きを想像しながらのスイングというのもあります。大抵のゴルファーはこのタイプだと思います。どちらがいいとは言えません。私自身、フェアウェイウッドでは前者、アイアンではフェイスをイメージするスイングを使い、ドライヴァーはその中間のイメージでボールを打っています。



フェイスを想像しながらのスイングは、言わば高度なスイングで、プロはほとんどこの方法だと思います。この方法の利点は、フェイスの使い方次第で飛距離を変えたり、方向を変えたり、曲がりを変えたり、何でも出来ることです。しかしその分、考えるべきスイングの要素が沢山あって、プロの練習量がなければ打ち損じが多くなります。



たとえば、ボールが真っ直ぐ出ない時、それを修正するのに非常に手間がかかります。スイングの基本はまず、ボールが真っ直ぐ出るかどうかですから、真っ直ぐに出さえすれば、その先ボールがどちらに曲がろうと、それはフェイスの向きを修正するだけで簡単に済んでしまいます。



もっとも、ゴルフの世界はドローヒッターとフェードヒッターが大半を占め、ストレイトヒッターというのは希です。それだけ真っ直ぐ打つのが難しいということでしょうか。真っ直ぐ打ち出すことよりも絶対に右へ行かないスイング、絶対に左へ出ないスイングを身につけた方がゴルフが楽だからでしょう。



ゴルフは目標の場所にボールがとまればいいわけで、そのためには右へ出てドローしようが、左に打ってスライスさせようが、どちらでもいいわけですから、それが常に出来るなら、真っ直ぐ打ってその先どちらに曲がるかわからないスイングより便利です。



フェイスの向きを意識しながらのスイングと、旗竿のような、一本の棒の先に歪みのない丸い玉が正確に中央へ刺さっている、そういう棒を、ただゴルフボール目がけて振り回すイメージのスイングと、簡単さでは後者が遙かに簡単です。




ちなみに私のフェアウェイウッドの打法は、クラブフェイスの中心をボールにピタリと合わせて構えた後はフェイスを見ません。その代わりにフェイスの先端、ヘッドの先端を見つめています。そしてバックスイングをしてダウンスイングするとき、頭の中ではヘッドの先端がアドレスと同じところを通るようにと考えながら振ります。フェイスの向きは無視しています。



この二つのスイングイメージは、行き着くところまで練習した場合に限り、難しさという点では全く同じです。ただし、ボールを真っ直ぐ打ち出すというただ一点だけを考えた場合、フェイスの向きを考えながらのスイングには考えねばならない余計な要素が山のようにありますから、わけがわからなくなってゴルフを難しくします。



フェイスを無視する打法では、ただの真っ直ぐな棒を振るだけなので、もしもボールが真っ直ぐ打ち出せなければ、それはスイングプレーンが斜めになっている以外に事情がありませんから、そのことだけ考えればいいので単純です。真っ直ぐに出てそれから曲がれば、フェイスの向きが合っていないだけです。


私がフェアウェイウッドに「ヘッドを動かすスイング」を使うのは、プロのようにピンを狙うことはあきらめて、せめてグリーンの方角に飛んでいけばいいと思うので、それならばあれこれ考え事の多い「フェイスを動かすスイング」で打ち損じをするより、ミスのない、ヘッドを動かすだけのシンプルなスイングを使うのです。



一方アイアンで「フェイスを動かすスイング」を使うのは、少しでも距離のコントロールをしたいのと、ピンを狙う気分が欲しいからです。私はコントロールショットをしません。難しいのでしません。いつもフルショットです。「フェイスを動かすスイング」では、文字通りフェイスを見ていながらのスイングですから、同じフルショットでも打ち方が変えられて、それで飛距離が少し変わるのです。



8番アイアンのフルショットは125ヤードですが、「フェイスを動かすスイング」では最長130ヤードまで飛びます。120ヤード飛ばすフルショットもありますが、それらはキャリー計算なので、120ヤード飛ばすスイングではボールの弾道が低くなってランが出てしまいますので、本当の飛距離は130を越えて一番飛ぶことになります。



アイアンでも「ヘッドを動かすスイング」をすることがあります。調子の悪い日や、足下がゆるい日、そういう難しい日にはアイアンでも打ち損じのない「ヘッドを動かすスイング」に切り替え、簡単に打ちます。距離感や狙う気分はなくなりますが、ミスよりマシです。特に4番アイアンより長いアイアンはほぼ常用しています。



もしかすると「ヘッドを動かすスイング」はかなり珍しいスイングなのかも知れません。しかしゴルフクラブという奇妙な動きをする道具を使いこなすのは大変です。プロを目指すのでなく、せめてパープレーをと思う私のレヴェルでは、クラブをただの棒として扱える「ヘッドを動かすスイング」で十分な気がします。 筆者


« 0644 ショートウッドのアドレスにご用心ご用心(ゴルフパートナー様宛) | トップページ | 0646 インターロックが必要なゴルファー(インターロック論再び) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0644 ショートウッドのアドレスにご用心ご用心(ゴルフパートナー様宛) | トップページ | 0646 インターロックが必要なゴルファー(インターロック論再び) »