« 0649 スイングの位相ズレを修正する | トップページ | 0682 「パットはゴルフか」から20年、「パットはゴルフだ」ろうか »

どう打てばいいという話ではない。私にそんなことは一生わからない。かなりの時間L字パターを打ち続けているが、前向きパットの安定感とは次元が違う。永久に違うだろう。パットに対して破れかぶれにならない限り、L字パターを持つ意味はない。



しかし家でのパット練習には意味が、それも相当の意味があるのではないかと、この頃思う。無論私はL字パターに賭けるのだが、一般のゴルファーにもプロゴルファーにも実際のプレーでL字パターを使う意味はない。難しい道具を使うのが趣味なら別だが。



私にそういう趣味はない。私の場合は最もやさしいスタイルのパッティングを使ってもダメだったから、やけくそなのである。やけくそで最も難しいパターを始めたのだ。L字の難しさを知っていくと、やさしいパターが見えてくる。今までどれも同じように感じたパターに「差」のあることがわかった。



前向きパッティングは別格として、T字と言うのか、L字のお尻にちょっとだけヘッドが伸びている、いわゆる普通の形のパターの中で、TPM―1というスポルディングのパターは極めて安定している。同じようなパターは幾つもあるのに、このパターは真っ直ぐ出る確率が際だって高い。



バランス型としてはかなり古い昔のパターだから、現代の高価なパターはもっといいのかとも思うが、ここまで来ると形より一本一本の出来の正確さが物を言うのではないだろうか。今のパターは高価なものほどばらつきが少なく、正確に作られている可能性がある。



だとすれば、練習でL字パターを使い、実戦ではT字の普通のパターを使うと安定感が倍増する。私は安定感以前の世界で苦しんでいるのでこの方法に意味はないが、一般のゴルファーやプロには相当に意味があると思う。特にアマは練習量が限られるから効果的だろう。



家でのパット練習のつまらなさはボールがみんな入ってしまうからだが、L字を使えばそんなことはなくなる。入る確率が半分以下になる。だから飽きない。私も以前は我慢して何時間も、ただ入るだけのパットを一日数回、1時間も続けていたことがあるが、あれは苦しい。



ところがL字パターは入らないことが多い。バランス型は入る、だから「ミスヒットをしないように」という気分が出来上がる。つまり受け身になるわけで、そういう状況では安定したバランス型の中でも一番安定したパターを求めてしまう。私のように前向きパットまで進化して行かないゴルファーは、パターを探すことになる。



L字は余程慎重に打たないとボールが真っ直ぐ出ていかない。初めのうち、こんなことならバランス型の方がいいと思ったくらいだから、普通のゴルファーはL字を使うだけでパットが上手になるはずだ。そしてコースではT字を使う限り、すごい効果があると思う。「慣れたパター」に意味がある、と言えるのはワンラウンドのパット数が30前後のゴルファーにしか当てはまらないことだ。



私の場合は到底そのような次元ではない。したがってL字パターを使いこなす方へ気持ちが行く。L字は入らないから入れようという気になる。そこがいい。気持ちが積極的になれる。バランス型や前向きのように入って当たり前ではなく、それ以前に、まともにボールが出ていくかどうか、L字パターではそれが問題なのだ。



というわけで、家でパットの練習をするなら、L字パターを使うといい。わざわざ買ってもいいけれど、使っていない古いT字パターの、シャフトから後ろをノコギリで切り落とせば立派なL字パターになる。マレット型や現代風の立体模型のようなパターは改造できないが。 筆者

« 0649 スイングの位相ズレを修正する | トップページ | 0682 「パットはゴルフか」から20年、「パットはゴルフだ」ろうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0649 スイングの位相ズレを修正する | トップページ | 0682 「パットはゴルフか」から20年、「パットはゴルフだ」ろうか »