« 0668 眼の真下にボール、というパットの定石だとパターは32.5インチまで? | トップページ | 0676 ゴルフクラブの回帰現象 »

幾つか有名なパターのスペックを見ると、ヘッドの重さは書いてあるのに、なぜか全重の表示がない。パターという道具に関してこれほど神経質に考え、創意工夫しているメーカーだということを前提にすると、素朴に言って、これは奇妙なことである。



ゴルファーはマニアである。だからこそ7万円のドライヴァーも4万円のパターも買うのだと思う。自動車の馬力表示があってその車両の全重表示がない、という仕様書はない。素人はどちらも見ない。ただ形と色だけ見る。しかし少しマニアなら馬力当たりの重量を見るだろう。



そもそもゴルフクラブを選ぶ際に重要なのはバランスと全重である。たとえば私は全重の重いクラブを好む。ヘッドが重くなれば相対的にシャフトは柔らかそうな動きになるが、私は硬いシャフトが好きなので、ヘッドが重くなってヘッドの利いたクラブは使わない。シャフトがグニャグニャするからだ。



ヘッドの重さより、全重の重い方がいい。ヘッドは重い方が飛ぶが、シャフトのしなりが気にならない程度の重さのヘッドでいい。つまりシャフトが重い方がいいのである。ヘッドの重さはそのあとに考える。その結果、私のクラブはバランスは軽いのに、全体に非常に重いクラブになった。



パターもクラブだから、全重は重要な要素で、それをスペックに書き込まないのはなぜだろう。パターヘッドの重さは年ごとにどんどん重くなってきている。私の古いパターで調べると、270グラムから300グラムちょっとのヘッドが多いが、今や平均値で340グラムもある。400グラムの大台を越える日が来るかも知れない。



私が以前作ったパターヘッドは900グラムあったが、いつボールを打ったのかわからなかったのでボツにした。ヘッドが重い方がよく転がるが、ボールを打ったときの手に伝わる感触というか、感受性に乏しくなる。プロの試合は、特にアメリカのトーナメントはグリーンが速いから、私たちが使うパターよりもヘッドは軽くなるはずだが、実際のところは知らない。



L字のパターヘッドを何個か手に入れたので、シャフトを差すのだが、ヘッドが292グラムなので、前にやったようにシャフトの中に何か入れて重くしようと考えている。今のパターの全重がわからないので困るが、全く改造していない古いパターの重さを量ると550グラムだった。



だからシャフトとグリップの重さの合計が250グラム程度必要なのだが、そんなに重いシャフトは今どき手に入らない。しかもパターシャフトは33インチを予定している。普通のクラブより短い分軽くなる。グリップもあえてパター用は使わず、普通の丸いグリップにするつもりだから、余計に重さを稼げない。



いろいろ考えた末、倉庫にあったホワイトセメントか、お風呂のタイル補修用のパテかの選択になり、硬化後に弾力のあるパテの方を選んだ。本当は弾力があるコーキング剤が一番安いし、ガンに取り付ければシャフトの中に簡単に注入できるのだが、手持ちがなかった。



シャフトの中に何か入れる、という発想は昔からあって、ドライヴァーのシャフトを外したとき、その中に金属のラセンにスポンジが巻き付けられているものが入っていたこともある。たぶん振動止めの効果を狙ったものだろう。



私の場合、振動は増幅されて手に伝わる方がいいし、何よりそのためにL字パターを使ってみるのだから、振動がとまっては困るが、かといって固いセメントでは使っているうちに中で折れるといけないと思い、硬化後に弾性のあるパテを使った。とにかくヘッドが利いている感じをなくしたい一心でシャフトを重くするわけだ。


パターに関する一般論はつまらない。当たり前すぎる話ばかりで、エッと思うような話がなさ過ぎるところがかえって怪しいと思っている。どうも真実はどこか別のところに隠れているような気がしてならない。



その真実は私と似たアホのひとりが見つけて、知らぬ間にスタンダードになり、そしてみんなが大昔から知っていたかのように話すようになるまでにそう時間は掛からない。いつもそうだった。そしてアホはアホのまま取り残される、私の人生。 パターの全重を考えよう。おもりを付けるならグリップエンドか、グリップ近くのシャフトに付けてみよう。筆者

パター用のグリップを使わず、あえて普通のクラブに使うグリップを付ける理由は、私が能なしパターだからだ。 あの、いかにもパターですというグリップを握ったとたん、私は能なしになる。それで普通の丸いグリップを使ってみることにした。

それに、パター用グリップは上部の面が固定だから、ちょっと左右に回してみたいと思っても自由にならない。簡単に上部の平面の位置を微調整できるパターグリップが発明されるまで、ちょっとの間だが、普通のグリップで行きます。

« 0668 眼の真下にボール、というパットの定石だとパターは32.5インチまで? | トップページ | 0676 ゴルフクラブの回帰現象 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0668 眼の真下にボール、というパットの定石だとパターは32.5インチまで? | トップページ | 0676 ゴルフクラブの回帰現象 »