« 0692 引っ掛けパットがパットの謎を解く、か? | トップページ | 0696 695のつづき »

私のアイアンショットは昔からずっと熊手型だが、ウッドはほうき型を使っている。そういう話をさんざんしてきたくせに、熊手型の思想をパットにまで広げて考えるなんてことは思いもよらなかった。全く気付かなかった。横向きから逆手、そして前向きという、システム的な進化だけを考え続けていた。



ところが、前向きから久しぶりに横向きパットを始めてしばらくたったある日、突然熊手型パットに行き着いた。無論、それがいいとは思わない。パットに関して、現代のゴルフシーンで「いい方法」と言われている、あるいは信じられているのは極限値としての確率がいいものばかりで、しかしそれはパットには無意味だ。



ショットならば、毎度150ヤードを直接カップインすることなど考えられないから、出来るだけ近づけるという微分的な確率に意義が出てくるのだが、パットの場合は事情が違う。5メートルのパット、普通のゴルファーならばどう打ったってワンパットか2打である。(私は別だが)



そうなると、確率的にいいパットスタイルがたとえ常に20センチに寄ることを保証したとしても、もう一度パットは打たねばならず、それなら20センチでも50センチでも大差がないということになる。要はワンパットでカップインするかどうかが問題なのである。



これが20メートルのファーストパットならいくらか事情は変わるが、それでも確率的に必ず2メートルに寄るパットが出来てもあまり意味はない。残りの2メートルが一回で入るか5センチ外れるか、確率的パットでは一回で入る保証はない。



そういうわけで私は最も確率の高い前向きパットをしばらく休んで、入るか入らないか二つに一つのパットを研究することにしたわけだ。5センチ外れるよりも50センチ外れる方がいい。その代わりに一発で入る可能性の大きいパットスタイルがある、と思う。



パットの非常に上手なゴルファーは遠くから一発で入れる回数が多い。しかも短いのはまず外さない。普通にパットの上手なゴルファーはツーパットでまとめるのがうまい。皆さんにも思い当たるゴルファーがいると思う。この際、余程ショットの上手下手がハッキリしていない限り、パットの非常に上手な方がスコアはいい。



私のパットはカップに嫌われる。見事に入りそうで入らない。惜(お)しいパットが多いのだ。だからみんなに喜ばれる。私とプレーすれば楽しい見せ物が待っているわけだ。パットの上手なゴルファーは外すときは結構大きく外す。それもほとんどカップオーヴァーで外す。ショートは滅多に見ない。



無論私だってそれは知っているからオーヴァー目に打っているが、入らない。しかも返しの50センチも外す。カップ手前でキュッと左右どちらかによれる。たった50センチだから惜しいパットと言うより、アホなパットという感じがある。



私はずっと前向きパットなので引っ掛けやプッシュアウトはない。いつも思った通りに転がり出してカップに向かい、最後に、入らない。まるでボールがヨロヨロと走っているようなのだ。それで横向きに戻して練習を開始したが、今度は初めからライン通りに打つのが難しい。前向きとはえらい違いなのだが、何とかしようとがんばっていると、熊手型に行き着いた。



左手のグリップはどうつかんでも、手首のところに幾らか角度が出来る。腕と手の甲とが真っ直ぐにはならず「く」の字になる。「く」の字は真っ直ぐよりも頑丈で、ここをロックするとほうきが熊手に変わる。何のことはない、アイアンの熊手型と同じだ。


左手首を「く」の字にして固定し、バックスイングから終始変形させずに打つとパットは思い通りの方向へ転がり出す。いろいろとやってみたが、この方法が一番安定している。ボールの転がり出し方向が不安定なゴルファーはこれで治る。ここまでがタイトルのお話。



ただ、これは私が探しているパットではない。確率が良すぎる。右手で打っていない。これだと前向きパットと同じボールしか出ないだろう。虚弱体質のボールに違いない。そんな気がする。時々右手が参加することがあるが、この時のボールは強い、感じがある。速度ではないが、何かしら力強い。何だろうか。 うーん、筆者

« 0692 引っ掛けパットがパットの謎を解く、か? | トップページ | 0696 695のつづき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0692 引っ掛けパットがパットの謎を解く、か? | トップページ | 0696 695のつづき »