« パットを考え直す その3(ボールの位置) | トップページ | 0689 L字パターの発見伝 その6(普通のパターの選び方) »

イスに座って両足を床から浮かせた状態でラケットを振ると、腰の動きに違和感を感じる。どこかいつもと違う、奇妙な感じになる。これはゴルフクラブを持ってワッグルしてみたり、パターを持ってスイングするときにも同じで、腰の動きが変な感じ。作用反作用のように、持っている棒を左に振るとお尻が右に突き出るような感じがする。普段はそんな感じはしない。



これは運動神経が発達していて、物を投げるとか棒を振り回すというような動きに慣れ切っている人ほど強く感じることだ。体の使い方、力の出し方を知っていると、腰もお尻も一緒に同じ方へ動く。そうならないのが不思議で、モンローウォークを思い出した。



俗に言うへっぴり腰という奴で、前にも何度か書いたが、パットの研究をすればするほど、やはりパットではこういう打ち方が最も安定したストロークを約束するようだ。パットに飛距離はいらない。だから肩、特に左の肩をアドレスしたときのまま、1ミリも動かさないでバックスイングし、フォローで膝も腰も全く動かさないと、腕だけが右へ左へ折り曲げられていく。



こういうのはテニスでもゴルフでも力をためられないので悪いスイングなのだが、パットに限って言えばとてもいいスイングなのである。パットだけ妙に上手なゴルファーはそういう不思議な打ち方をする。「ヒザを使ってパッティング」の逆になっている。やはりそれが正式かも知れない。

« パットを考え直す その3(ボールの位置) | トップページ | 0689 L字パターの発見伝 その6(普通のパターの選び方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パットを考え直す その3(ボールの位置) | トップページ | 0689 L字パターの発見伝 その6(普通のパターの選び方) »