« 0736 私の新しいアイアンセット(2016春) | トップページ | 0705 私のドライヴァーをじっと見ていると »

パットの勉強をしているうちにパターが増えた。ゴミ集めの如くパターを集めたが、大抵はピンタイプのパターで、私にとってはもはやゴミになっている。時々上から見て三角形のパターが混ざる。オデッセイのツーボールのようなパターだが、これはピンタイプからの進化と言える形状で、ヘッドに奥行きを持たせることでパターに新しい性質を与え、それをコントロール出来るようになった。



奥行きのあるパターは単にパットラインを合わせやすいという理由で作られたわけではないのだ。最近のパターはさらに進化して立体的になっているのがある。これだと三角型よりももっと多くの性質をパターに与えられるが、この形はまだゴミの中に混ざってこない。



L字パターで練習しているのでそれ以外のパターは用なしだが、一本だけアドレスがピタッと決まったパターがあったので知り合いに是非使って欲しいと頼んだ。塗装もしてきれいにして一度使ってもらうと、やはりとてもいいらしい。ただ使うのが女性なのでシャフトも長すぎるしグリップの色が困る。



それでオーダーメイドのように好きな長さのところで切った。が、切りすぎた。やむなくカーボンシャフトを差し込んで3センチほど伸ばした。グリップはゴミの中にあった女性用パターのグリップを使うことにした。ただ、古いパターなのでグリップが抜けない。グリップエンドから3センチを残して縦にナイフを入れて外した。



無論そのままでは使えないが、接着してその上にテニスで使うカラーのグリップテープを巻けばいいだろうと、そういう考えだった。とりあえず仮に、その切れているグリップをパターにはめ込んでみた。ここでおもしろいことが起きた。パターを振ってみるとグリップエンドが動くのである。



切りすぎたシャフトを少し伸ばすために入れたシャフトは当然やや細くなっている。この状態でも普通にグリップ交換すれば動かないのだが、切り込みを入れたグリップをただちょっと被せてあるだけなので、細くなっているグリップエンドの部分がグラグラする。右手のグリップは動かない。



ふと思ったのだが、パットをするときにこれだけグリップエンドが動く、つまり回るということは、まともにグリップの付いたパターで打ったときに、左手のグリップは、今動いた分だけの動きをしっかりと止めている、ということだ。しかし、左で握っているグリップエンドが動いていても、ボールは何の不安もなく転がるのである。それどころか、普通よりも滑らかに動いている。



もしもグリップエンド部分が動かなかったら、左手のグリップが生きてくるのだから、その分だけパターフェイスは違う動きをするはずだが、今のこの動く方が思ったとおりに、思った力加減で転がる。パットを左腕一本で打つ場合は使い物にならないと思うが、右で打つにはどうも都合がよろしい。



振り返ってパットをビビってショートしてしまったときや、思わず強く打ってしまったとき、何が起きていたのかと考えてみると、右手が強く出過ぎたり、左手が急ブレーキを掛けたりと、一瞬のことだが、右手と左手のコンビがうまく行かなかった場合が多い。この、右と左のグリップの握り加減、バランスはショットでもパットでも非常に大事で、スイングがうまく行くときは必ず普段のバランスが保たれている。



パットは力のいらないショットなので、右でも左でも、腕一本だけで打てる。打たない方の手はシャフトの支点としてパターを支えている。両方の手で打つゴルファーにしても、左右の手に掛かる力が同じということはない。誰もがある程度のバランスで握っている。その極限が、どちらか一方の腕だけでストロークするタイプだが、それにしたって全く使わないわけには行かない。



ただ支えるだけにしようと思っても、ちょっとは使ってしまう。特に、緊張して打つときは使ってしまう。グリップエンドの動くパターがルールに適合するはずもないが、ストロークの邪魔をしている方の手が、ただクラブを支えるだけに使われるなら、パットはもっとスムーズに出来るかも知れない。



ふと、野球のバットの、右の握りと左の握りの間にベアリングか何かが入っていて、クルクル回るような、そんなバットで打ったらどうなるのかと思った。打ちやすいだろうか、いや、ちょっと打ちにくそうだ。しかし慣れたらその方が飛ぶんじゃないか、と、相変わらずアホなことを考える私。 うーん、ま、いいか。 筆者


« 0736 私の新しいアイアンセット(2016春) | トップページ | 0705 私のドライヴァーをじっと見ていると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0736 私の新しいアイアンセット(2016春) | トップページ | 0705 私のドライヴァーをじっと見ていると »