« 0713 ヘッドスピードで飛ばす、それしかないのでしょうか | トップページ | 0715 笠りつ子プロとニクラウスとフライングエルボ »

フライングエルボ2型について

前にニクラウスのフライングエルボについて書いたことがある。彼のフライングエルボというのはクラブを真っ直ぐ押すために生まれたもので、それは彼以前の純回転式ねじれ型スイングから見れば非常識だったが、ボールの直進性という点でシンプルな型式だし、スイングプレーンという基本は守られている。リニアスイングという感じがする。



その頃は気付かなかったが、誤解しやすいもう一つのフライングエルボ、フライングエルボ2型、というのがある。このスイングの特徴はスイングプレーンを無視することで、トップオブスイングでクラブのシャフトはプレーン上に乗らず、不思議な向きに収まる。



シャフトがスイングプレーンを外さなければ、仮にオーヴァースイングになって、シャフトが一回転すればシャフトはボール方向を指すはずだが、このタイプのフライングエルボではバックスイングの途中からシャフトがプレーンを外れて水平なオーヴァースイングになっていく。



スイングプレーンは円盤が斜めに立て掛けられたようになっているものだが、このスイングでは途中からそのプレーン自体を右方向へ置き直したようになる。だからオーヴァースイングした部分の向きが前向きになる。つまり、壁を正面にして立ってアドレスをし、バックスイングをすると、オーヴァースイングした場合にヘッドがその正面の壁に当たる。それも顔の高さほどの位置に当たる。



不思議なトップの形になるのだが、飛ばし屋に多いスイングである。ホームランバッターのバットも似た構え方になると、どこかに書いた覚えがある。バットを肩に乗せて水平にして構えるバッターはほとんどいない。誰でもバットはいくらか立っている。しかしホームランバッターのバットは立て方が極端で、水平から少し立てるどころか、逆方向にまで倒れ込むように構える。



手首の強い人ほどそういう構え方が出来る。これはゴルフでも、テニスでも同じだ。昔チェコのテニスンにイワン・レンドルというチャンピオンがいたが、彼のフォアハンドは典型的なホームランバッター型のバックスイングだった。彼以外にそういうバックスイングを使った選手はいない。いくらか近い選手は何人か記憶があるが。余程手首が強かったのだろう。



ババ・ワトソンのドライヴァースイングを見るとかなりオーヴァースイングだが、その割りにはスイングプレーンをほとんど外していない。微妙にヘッドが前に出るが、ミケルソンにしてもオーヴァースイングの大きなゴルファーとしてはほぼスクエアで、フライングエルボの2型というわけではない。



アメリカのプロは総じてパワーがあるのでフライングエルボ2型は少数だが、非力なタイプには少なくない。大柄なゴルファーが少ないヨーロッパのプロのドライヴァーショットを見ると結構見かける。もっともスイングの進化としては時代遅れなのだが、アマチュアゴルファーはお金で買える道具を除けば、プロに対して50年ほど後ろを歩くのでまだまだ価値はあるだろう。



現在フライングエルボ2型を使う典型的なプロは思い付かないが、忘れてならないのがラリー・ネルソンだ。彼はPGAの聖書研究会代表と言うくらいで、私が知っているプロのなかで彼ほど温厚な紳士は他にいない。彼のスイングはゆったりしていて、鋭さは感じられないが、トップでクラブの位置がフライングエルボ2型の見本のようになるし、思いの外飛ばし屋でもあった。機会があれば一度見てみるといい。 筆者

« 0713 ヘッドスピードで飛ばす、それしかないのでしょうか | トップページ | 0715 笠りつ子プロとニクラウスとフライングエルボ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0713 ヘッドスピードで飛ばす、それしかないのでしょうか | トップページ | 0715 笠りつ子プロとニクラウスとフライングエルボ »