« 0719 フレッド・カプルズの右ヒジの動きからわかったこと | トップページ | 0717 スワンネックアイアン(イージースワン)とは何か? »

インターロックとオーヴァーラップの使い分け

オーヴァーラップの場合は左の人差し指がしっかりと仕事をする。一方でインターロックはその左手人差し指の仕事をキャンセルする働きがある。どちらがいいというような話ではなく、そこを考える、ということである。


左手の人差し指の先を使って、インパクトでのクラブフェイスを真っ直ぐにも左向きにもコントロールすることは出来る。しかしボールがどうしても左に曲がるようなとき、その左手の人差し指の調節はなかなか難しい場合が多い。



そういうとき、グリップをインターロックに変えると、左の人差し指は仕事が出来にくくなる。したがってボールを左に引っ掛ける原因がなくなる。インターロックとオーヴァーラップを使い分けるプロというのは見たことがないが、アマチュアは自由である。



練習量の多いプロはすべてを調整してから試合に臨むが、アマチュアにそんは時間はない。何もかも、臨機応変に対応するのがアマチュアの技術、とも言える。私の場合はボールが左に曲がるようなときにはインターロックを使って修正するが、スイングによっては逆にする方が正しい場合もある。



左手のグリップはゴルフスイングで最も重要なものだから、余程のことがない限り、その握りの位置を変えてはいけない。その代わりに右の握りをスライス方向やホック方向へと動かし、それでもうまく行かないとき、インターロックが非常な効果を発揮する。


どう変化するかはスイングに依るので、どうなるかは断言しないが、効果は確実にある。アマチュアはそれを利用すべきだと思う。試合中にそういうことをする勇気はプロにはない。そういう状況になること自体、プロにとってあってはならないことだからだが、そのまま負ける。


しかし超一流のプロに限って言えば、やっている。アマチュアのマネをしている。やっぱりアマチュアというのはすごい、のだ。 筆者

« 0719 フレッド・カプルズの右ヒジの動きからわかったこと | トップページ | 0717 スワンネックアイアン(イージースワン)とは何か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0719 フレッド・カプルズの右ヒジの動きからわかったこと | トップページ | 0717 スワンネックアイアン(イージースワン)とは何か? »