« 0725 非力な女性向きの、距離が出るグリップ | トップページ | 0727 全美貞プロ今季2勝目、でもまだラッキー »

フェアウェイはなだらかに登りだったり下っていたりする。下り、つまり左足下がりの方が打ちにくそうだが、私の場合、左足上がりの方がミスしやすい。素振りを忘れるというか、ボールの近くで一度実際に地面を打ってみるのを忘れるからだ。


なだらかでも上り坂では芝目は逆になっていることが多い。スロープなりに構えて打っても、アイアンが地面に刺さって抜けきらずに距離を落とす。元々登りを考慮して大きめのクラブを使っているが、クラブが抜けない分は考えていない。


だからなだらかな登りのフェアウェイではまず一度素振りでターフを取ってみる。芝が強くて自分の力では抜けないとわかれば、アイアンならトップさせるつもりでボールだけ打つような工夫をするし、距離があればウッドに持ち代える。


下りはそういう目に見えない心配がない。素振りをしてみて、もしもダフったら、ボールをダフッたのと同じ位置に、つまり右へ置く。スイングはちょっと窮屈になるし、距離が出てしまう分を考えなければならないが、登りよりはずっと楽だ。
平らなところでは地面に触らない素振りを心がけているが、登りの場合は特に、フェアウェイを2度痛めることになるので、砂のバケツはいつもクラブと共に、お忘れなく。 筆者

« 0725 非力な女性向きの、距離が出るグリップ | トップページ | 0727 全美貞プロ今季2勝目、でもまだラッキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0725 非力な女性向きの、距離が出るグリップ | トップページ | 0727 全美貞プロ今季2勝目、でもまだラッキー »