« 0724 逆テーパーグリップの感触 | トップページ | 0726 フェアウェイの芝目で失敗する、話 »

クラブの握り方にはいろいろあって、かなり変則なゴルファーもいるが、一般的に左手の親指はシャフトに添わせるようにし、その親指を右手の親指と人差し指が包み込む、これが普通だ。あとは右手の小指を左手の人差し指と中指の間のくぼみに掛けるオーヴァーラップグリップになり、右の小指を左の人差し指に絡ませて握るとインターロックグリップになる。


左手の親指をシャフトに添わせるところが、棒を振り回す他のスポーツとゴルフの握り方の最大の違いで、これは方向性を重視するゴルフにとって確かに決定的な効果を持っている。照準器付きのライフルと照準器なしのライフルくらいの差がある。親指をシャフトに添わせない場合は、ガイドスコープなしで天体望遠鏡に目的の星を導入するくらいややこしい。



ただ、倍率の低い双眼鏡を覗くのにガイドはいらない。つまり、プロゴルファーの正確なショットには必要でも、アバウトで構わないアマチュアには必ずしも必要でないのが、左手親指をシャフトに添わせるゴルフ独特のグリップである。野球の選手がゴルフと同じグリップでバットを振ったら、ホームランは打てないし、親指を骨折する。



ゴルフのグリップは、飛距離とコントロールとの妥協点、損益分岐点を見つけるために多くの方法が発明されてきた。そしてゴルファーのパワーやセンスによってそれぞれに最適なグリップがある。みんなが同じグリップでゴルフをすること自体、ゴルファー一人一人が持っている、たった一つの個人的な損益分岐点を無視しているわけで、それでは無駄が多すぎる。



たとえば、ボールを強くたたくにはベイスボールグリップが一番いい。ゴルフのグリップはここから始まったと考えるのが自然である。しかし、どこに飛ぶか、照準器としての、シャフトに添わせた左手親指というガイドがないので、打球の方向を安定させるには相当量の練練習が必要になる。さらにシャフトに添わせた左手親指には別の効果もある。ボールを右に打ち出しにくいグリップなのである。



逆に言えば、ドローに困っているゴルファーは、左手の親指をシャフトに添わせることが不利に働いている。

(「左手親指をシャフトに添わせるグリップ」と書くのが長くて面倒なので、ここで造語をします。ヴァードングリップは右手の小指を左手の人差し指と中指の間のギャップにはめ込むグリップを表現する名前です。

が、「左手の親指をシャフトに添わせる」ことはハリー・ヴァードン以前から使われていたようで、ベイスボールグリップとか10本指グリップと呼ばれるグリップから、いつの間にか誰かが「左手親指をシャフトに添わせる」グリップを発明したようですが、くわしいことはわかりません。


そこで、これ以降、私はこのベイスボールグリップから進化した「左手親指をシャフトに添わせる」ことを表すとき、「ナインフィンガーグリップ」と書くことにします。ナインフィンガーでオーヴァーラップとか、ナインフィンガーのインターロック、などと表現することにしました。つまり親指をシャフトに添えることをナインフィンガーと呼ぶわけです。)


ナインフィンガーの逆オーヴァーラップというのもあります。実際にそういうグリップを使うゴルファーは知りません。が、テンフィンガーの逆オーヴァーラップというグリップは使われることがあります。スティーヴ・ジョーンズなどがそうでした。


このグリップは飛距離が落ちますのでドライヴァーには使えませんが、ナインフィンガーのオーヴァーラップに比べて方向性に優れています。十分な飛距離を持っているゴルファーがアイアンショットをするときこのグリップを使うと、今までなかった不思議な安定感が得られることに気付くでしょう。該当するゴルファーは一度試してみることを薦めます。



方法は簡単で、ベイスボールグリップ、つまりワシづかみにしたグリップの状態から、左手の人差し指を右手の小指と薬指の間に掛けるグリップです。いわゆるナインフィンガーのオーヴァーラップの逆をテンフィンガーで握るのです。


このグリップもまた、野球のバッターが使えばホームランは出なくなりますから、力が入るグリップではありませんが、右の小指を骨折するほどではありません。つまりナインフィンガーのグリップよりは、やや力は入るグリップです。



ベイスボールグリップに比べれば力は入らないし、ナインフィンガーのような高級な照準器はありませんが、何となく、簡易型照準器が付いていて、しかも力が入る、そんな感じのグリップです。



元はやはりベイスボールグリップから発展したものだと思いますが、ナインフィンガーの左手親指の収まりがうまく行かないとか、親指を怪我したとか、何かの事情でナインフィンガーが使えなくなったゴルファーが工夫したものでしょう。どんな球筋になるのか、練習場で試してみてはいかがかと思うグリップです。


さて、話がちょっと逸(そ)れましたが、非力な女性がナインフィンガーを使うのは異常だと、私はずっとそう思っています。かと言ってベイスボールグリップではなかなかうまくボールをヒットできないとも思います。そこで考えたのはテンフィンガーのインターロックグリップでした。


つまり、ベイスボールグリップをした状態から、右手小指と左手人差し指を絡ませるグリップです。これだとベイスボールグリップに比べて手首のターン近辺の状況が把握しやすく、言わば照準器が付き、しかもかなり力を入れて振り回せるようになります。


将来の女子プロも含めて、子供も頃からゴルフスイングを始めるなら、このテンフィンガーインターロックがパワーのあるゴルファーに対抗できる最適なグリップだと思います。


レイトビギナーの女性ゴルファーで、どのアイアンを使っても飛距離が変わらないような、そんなゴルファーが使えば、まず間違いなくクラブごとに差が出てきます。飛距離はアップしますし、特にドライヴァーには効果的です。 



是非このグリップ、テンフィンガーインターロックでゴルフをしてみてください。慣れるのに時間は掛からないと思います。ボールに当たらなくなった、ということもほとんど起きないはずです。何よりゴルフが楽しくなると、そう私は信じています。がんばってください。 この件に関しては、実際にどうなったか、女性ゴルファーのコメントをお待ちしております。筆者

以前にも書きましたが、逆手でゴルフをするゴルファーもかなり見ました。パッティングではありません。今でもウェッジだけは逆手で握るプロがいます。つまり、握り方は本当に自由で、趣味のものなのです。

好きなように握る、これが基本です。これはとても大切なことで、みんながそうしているからと、同じ握り方をする必要はありません。私はゴルフを始めて20年近くずっとダブルオーヴァーラップグリップを使っていました。右手の小指と薬指の2本を左手に掛けていたのです。

このグリップは右手がちょっと妙な動きをしたがるときには大変有効なグリップです。今私が左腕一本のスイングをしているのも、長い間ダブルオーヴァーラップを使っていたからこそ、出来るのだと思います。

« 0724 逆テーパーグリップの感触 | トップページ | 0726 フェアウェイの芝目で失敗する、話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0724 逆テーパーグリップの感触 | トップページ | 0726 フェアウェイの芝目で失敗する、話 »