« 0731 プロとアマ、道具が逆 その3 | トップページ | 0733 センターシャフト考 »

パターのロフトはとても大事だが、パターによって様々だし、構え方でもロフトは大きく変わってくる。昔のパターは6度とか7度と、かなり大きなロフトが多かった。グリーンが今のゴルフ場のフェアウェイとあまり変わらなかったせいか、ジガーに毛が生えたくらいの大きめのロフトが効果的だったのだろうと思われる。



現在のプロトーナメントはグリーンが完璧だが、私が普段プレーするようなグリーンフィーの安いゴルフ場では昔流の大きなロフトが合っているのかも知れない。実際、私はドライヴァーでパットをする方が明らかに結果がいい。




しかし一般的なパターのロフトはこのごろ大抵4度くらいになっている。プロのトーナメントではそれが一番なのだろう。ロフトが大きいと打った瞬間ボールは当然のことに飛び上がる。ただ、ロフトが小さすぎてもやはり打った瞬間ボールは飛び上がる。この場合はボールが下の地面に向かって打ち出されるため、地面から跳ね返ったボールが飛び上がるのだが、区別するのは案外難しい。



アマチュアにとって、どれくらいのロフトがいいのか、打ち方によっても違ってくるが、少なくとも自分のパターのロフトの、大体の感じをつかむには焼き鳥の串を使うといい。串の先は尖っているが、机の上に串を置いて、一番尖った先を指で机の表面に押しつけてみると、反対側が上に上がる。計算してみたら、その串が作る角度は大体5度前後だった。



全くアバウトな話だが、焼き鳥の串の尖(とが)った方を、串が上に伸びる方向で、つまり立てて、パターフェイスに押しつけながら、セロテープで固定すると、パターのフェイスと串の間には5度から4度くらいの角度が出来る。これで実際にパターを構えてみたとき、パターのロフトが5度以上あると、串は真っ直ぐ上を向く。しかし実際には20本くらいのパターで試したところ、大抵はやや左に傾く。ロフトが3度から4度に作られているからだろう。



ロフトの小さなパターだと、かなり左に傾くので気が付くし、逆に今どきの標準より大きなロフトのパターを使っている場合は真っ直ぐ上どころか右に傾く。これらは実際に構えた状態で見るので、ダイナミックロフトであり、構え方を含んだ本当のロフトだから、とても参考になる。どこがいいというわけではない。ただ知っていることが大事なのだ。



パターのロフトを変えてみようと思ったとき、実際にやってみて結果が良ければいいし、逆なら元に戻すか、さらに逆方向へ動かして試せばいい。アバウトな方法だが、ダイナミックロフトのいいところがそこにある。絶対に調べてみることをお薦めする。焼き鳥の串とセロテープだけで出来るのだから。



セロテープは尖った傾斜の部分だけに貼り付けて、パターフェイスに押しつけるのがコツです。大部分のパターでは、串は左へ傾くと思いますが、そこからスイングをしてみて、どのあたりで垂直になるか、そこが3度から5度の間、つまりボールが最もいいころがりをすると言われている点です。そのあたりまでボールを押しているタイプのパッティングなら、そのロフトでちょうどいい、ということになります。



私はボールを左足のかかと延長線上、アイアンやウッドと同じところにセットするので、ロフトはやや小さな3度弱にセットしてみました。普通のゴルファーは両足の真ん中に構えるので、そこで串が真っ直ぐ垂直になれば、好ましいと言われるロフトになっているということになります。 筆者

手元にある20本ほどの古いパターを調べてみましたが、ほとんどがロフト5度弱でした。

ダンロップ PM-701

マックスフライ Tad Moore

マクレガー  ローツイスト

スポルディング TPM Tour #17

                      TPM-1

アリガ     スリムホーン

ミズノ     BL-1002

例外なのは古いミズノの、まだR.K Mizuno とカップマークの刻印があるピンタイプのパターで、ロフトが3度しかありませんでした。他にはマクレガーTCP-4というアイアンマスターのレプリカが異常に大きな8度、スポルディングTPM-9という珍しい形のパターが2度でした。もう一本CNC about variableという、メーカーのわからないごく現代的なパターも2度と、小さいロフトでした。 以上

« 0731 プロとアマ、道具が逆 その3 | トップページ | 0733 センターシャフト考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0731 プロとアマ、道具が逆 その3 | トップページ | 0733 センターシャフト考 »