« 0734 釣りマニアはどうやって自分に最適な投竿を選ぶのだろうか | トップページ | 0740 プロよりアマチュアの方が多くの知識を必要とする、それがゴルフ »

古いものばかり使うので、新しいものを知らない。今どきはシャフトをカチャッと差し替えできるチャックの付いたシャフトがあるらしい。別に新しいのが嫌いなわけではないし、やることは子供の頃から普通の人より30年先に飛んでいる。だから悲惨な人生になったのだと思うが、ロフトやライ角が変えられるチャックと言うかコネクターというか、そういうカップラーが付いたシャフトのイメージが湧かない。


そもそもクラブのロフトは新しく作らない限り変えられない。アイアンのようにソールの幅が小さければ、ボールを右足の先に置くのと左足の先に置くのとでは、ダイナミックロフトが3番手くらい違ってくるが、それはクラブのロフトが変わったわけではない。



ウッドはソールが大きな置物のような形をしているから、アイアンのような手も使いにくい。ドライヴァーを、ボールを思い切り左に置いて構えたら、ヘッドのお尻が地面に触るだけで、リーディングエッジは相当上に浮いてしまう。ボールの赤道あたりに当たる。



もっとも、ティーアップするから打てないことはない。それにしても、ネックのところでロフトを変えるというのは基本的にあり得ないから、私と同じ手を使うのだと思われる。私が普段使っている「く」の字に曲がった部品を使うと、出来ないことはない。



私はもう随分長いことそれを使って60度という恐ろしいライ角のドライヴァーを自分に合わせた54,5度程度に変換している。これはタバコを真ん中でちょっと折り曲げたような格好のパイプで、普通はスチールシャフトから切り出して作る。一方をヘッドへ差し込み、もう片方をシャフトに差したり、場合によっては被せたりして使う。



しかし実際やってみるとわかることだが、ほんのわずかに「く」の字の位置が変わると、ゴルフクラブが一瞬でゴルフクラブでなくなる。ネックのところでシャフトが90度曲がったような、妙な物体になってしまう。



この方法はロフトやライ角を変えるが、同時に別の角度も変えてしまう。ライ角をフラットになるよう動かせば、ロフトが立ってくる。最近作ったドライヴァーは女性用の13度だが、ライ角を変えたのでたぶん8度くらいの、非常に小さいロフトのドライヴァーになっている。



このへんの事情には慣れているので、初めからロフトの大きなドライヴァーを使ったわけだ。「く」の字のアダプターを回すと激しくホックフェイスなウッドにもなるし、逆方向へちょっとでも動かせば、フェイスが20度も右に開いた化け物ウッドになる。誰がどうやってもホックボールは決して打てないだろう。



つまり、ロフトやライ角を変える方式が私が長年使っている「く」の字アダプターと同じ原理だとしたら、スクエアフェイスやホックフェイス、軽いスライスフェイスのウッドなど、自分に合った、自分好みのクラブの顔も同時に変えてしまう。言い換えれば、クラブの顔を変える仕掛けという見方も出来る。



ロフトを変えられると言えば聞こえはいいが、自分好みのクラブの顔、形を勝手に作り替えてしまう道具でもあるのだ。私はそちらの方が被害が大きいと思う。ロフトが1度変わって急に素晴らしいクラブになるとは思えないが、構えたときの顔が好きな顔でなくなった場合の打ち難さ、構え難さは想像にあまりある。



「く」の字アダプター方式を使って自分が好きな、現用しているクラブの顔と同じ顔で、ただロフトだけ変えたものを作るには、アダプターを取り付けたあとに、自分の好きな顔になるような、そういう顔のクラブを予測する、あるいは計算する熟練の技が必要なのだ。


シャフトの差し替えが出来ることには大きな価値があるが、メーカーの思惑がどうか知らないけれども、ロフトやライ角を変えられるという方は、方式が私の「く」の字アダプターと同じタイプだとすれば、ハッキリ言って無理がない。少なくとも上級者やプロには意味がない。試作品の代わり、サンプルという意味で使う程度だろう。 筆者

もう一つ気になるのは、ライ角の調節のことで、私が最適だと思って作り、実際に今回使ってみて不便がなく、方向も飛距離も前と変わらないが非常に構えやすいドライヴァーは、ライ角を測ってみたら47度だった。


身長170くらいのゴルファーが46から47インチのシャフトで使うにはこのくらいのライ角が一番いいと確信している。ところが、「く」の字アダプターでこれを作るとシャフトの軸がクラブヘッドのかかとから15ミリ以上フェイスの中心側に動く。これはルールの抵触するかも知れない。


いずれにせよ、今作られている調整装置ではそこまで大きくライ角を調整できるわけがないので、事実上身長が180センチ以上のゴルファーでなければ意味がない。







« 0734 釣りマニアはどうやって自分に最適な投竿を選ぶのだろうか | トップページ | 0740 プロよりアマチュアの方が多くの知識を必要とする、それがゴルフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0734 釣りマニアはどうやって自分に最適な投竿を選ぶのだろうか | トップページ | 0740 プロよりアマチュアの方が多くの知識を必要とする、それがゴルフ »