« 0743 返すか返さないか、それが問題だ その2 | トップページ | 0745 「しなり」の数値はないのか »

ゴルフを始めた頃からずっとそう思っているのだが、ゴルフでは「インパクトはアドレスの再現」という言葉が格言化している。しかし、スイングのインパクトの瞬間の写真を後方から見れば、シャフトのしなりを別にすれば、腕とクラブシャフトは真っ直ぐ一直線になっている。
ところが、アドレスで腕とシャフトを真っ直ぐにして構えることはなかなか難しいことで、今まで万に一人も見たことがない。誰でも腕とシャフトのつなぎ目では少し角度が付いている。私自身はがんばってそうやろうとしていた時期があるし、今でも時々努力することがあるが、何だかグリップエンドが目に刺さってくるようで気味悪い。
好意的に言えば、クラブフェイスがアドレスの状態に戻ればいい、と、そういう意味にも取れるが、それにしたってあまりに乱暴な格言である。ハンドダウンがいいわけでもないが、ある意味、すべてのゴルファーは多かれ少なかれハンドダウンに構えているわけで、ゴルフ上達の課程というのは、その曖昧さを練習でカヴァーしていくことに他ならない。
私がティーショットでドライヴァーを持つとき、どの方向へボールを飛ばそうか、ということより、とにかくクラブフェイスの真芯でボールを捉(とら)えたいと思う場合は、クラブヘッドを丸いボールだと考え、フェイスの向きを無視する。そして出来るだけシャフトと腕とが作る角度を小さくして、まるで初心者がセオリー通りに打とうとするかのように構えて打つ。
これは「インパクトはアドレスの再現である」という格言に近い方法だが、フェアウェイの幅が広いなら、ミスヒットがないので十分通用する。ただし、どこにボールを打つか、落とすか、狙いを定めることは出来ない。皆さんはどういうイメージでドライヴァーのアドレスをしているのだろう。 筆者

« 0743 返すか返さないか、それが問題だ その2 | トップページ | 0745 「しなり」の数値はないのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0743 返すか返さないか、それが問題だ その2 | トップページ | 0745 「しなり」の数値はないのか »