« 0739 スリーヴ付きのシャフトって何だろう | トップページ | 0741 パワーパンチというアイアンを知っていますか? (閑話) »

登りの、左足上がりのフェアウェイからアイアンを打つとき、無論素振りをしてみてスタンスの位置を確かめる。大抵は素振りでダフる。だからいくらか左側にスタンスを取り、もう一度素振りをする。こうしてボールをクリーンにヒットできる位置を確認してから、そこで打つ。


ところが、そんなボールの置き方で打ったことがないから、そりゃ無理があるし、たとえそこまでは出来るとしても、それでもクラブヘッドは地面に突き刺さる。そしてボールの飛距離がやや足りなくなる。これがアマチュアである。上り坂のスロープに逆らわず、体を斜めにして、まるで地面が水平であるかのように細工をして打ってみても、やはりクラブは地面に引っ掛かって抜けきらず、ボールはショートする。



フェアウェイにも芝目がある。上り坂は大抵逆目になるのは当然としても、ライが平らなのに、ちょうどその先に段差がある場所の縁(ふち)で、先が落ちている状況でも、なぜか芝目は逆芽になっている。それもかなりきつい逆芽になっていることがある。だからクラブヘッドが抜けきらない。



男子プロのパワーはそういう些細(ささい)な条件の違いを無視できる。普通に打てばいいのだ。女子プロになるとちょっと違って、上り坂のスロープなりに打つことで、芝の逆目までは考えずに打てる。


ところが、非力なアマチュアはそうはいかない。逆目の芝の根を切り裂くパワーはないし、スロープなりにスイングを調整する技術もない。だから、アマチュアの方がプロよりも高度なテクニックを必要とする。下りのフェアウェイは順芽になることが多いが、時には逆芽になっていることもある。



素振りで芝を打ってみて、それを確かめることからアマチュアのナイスショットは生まれる。プロとは大違いなのだ。セカンドショットを打つ前には、必ずボールの近くで素振りをし、クラブヘッドが刺さるか抜けるか、それだけは確かめなければ、いいショットにはならない。このややこしさは、無論プロにもあるのだろうが、パワーの差があるために次元が違う。やっぱりアマチュアのゴルフはプロより頭を使う。 筆者


« 0739 スリーヴ付きのシャフトって何だろう | トップページ | 0741 パワーパンチというアイアンを知っていますか? (閑話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0739 スリーヴ付きのシャフトって何だろう | トップページ | 0741 パワーパンチというアイアンを知っていますか? (閑話) »