« T字型グリップ | トップページ | 0750 私がパット馬鹿の理由 »

今日もまた、前向きパット用のセンターシャフト型パターを作った。なぜだか知らないが、センターシャフトのパターというのは余り多くない。横向きだと使いにくいのか、それともアイアン風にトルクを感じながら打つ方が楽しいのか、とにかくセンターシャフトのパターは昔から余り見かけない。
前向きパットでは当然トルクは無用なので、センターシャフトの方がふさわしい。ゴルフが大衆化して,プロもだんだんと個性がなくなり、みな似たようなスイングになってくるわけだから、合理的なスイングか、合理的な道具が一番いいわけで、そうなるとパターも本当はセンターシャフトであるべきなのだが、そうならないのはゴルファーが保守的だからだろう。
最近誰だったか、女子プロでセンターシャフトを使っている人を見た。シン・ジエだったか、確かではないが、女子プロは常に男子プロの先を走る。進歩的なのだ。だから逆手のパターグリップもそうだったように、センターシャフトのパターもこの先主流になる。今のうちにセンターシャフトのパターを使いはじめてみてはいかがだろう。
センターシャフトは言わば私のイージースワンアイアンと同じ発想であり、ルールの規制と、現実問題として打ったボールがシャフトに当たってしまう問題さえなければ、イージースワンだって本当は完全なセンターシャフトにしたかったのだ。パターは規制もなく、ボールは飛び上がらないからセンターシャフトが可能だ。
シャフトがセンターにあるとヘッドのトルクがゼロになる。原理的に引っかけとか押し出しはなくなるわけで、もしもそういうことが起きた場合は本人が「間違えた」と言うしかない。言い訳が利かないという点でシヴィアだとも言える。しかし実際に使ってみればわかるが、オフセンターシャフトとは次元の違うパターである。
前に書いたとおり、前向きパットでは目標に向かって打つための情報はパター面の方向を見るゴルファーの「眼」しかない。オフセンターの場合はトルクがあるので力学的な情報、つまり手に感じる「パター面の向き」というのがあるが、センターシャフトにはそれがない。その代わりに動かしたなりに素直な挙動をする。それが現代風のマニュアル的合理的ゴルフにマッチすると、私は思っている。
大手メーカー製のセンターシャフトのパターには,これはと言うようないいものがない。単にオフセンター用のヘッドをセンターシャフトにしただけで、どこにもセンターシャフト専用ヘッドだという感じも主張も見られない。だから今のところはマイナーなパターメーカーのセンターシャフトから気に入ったものを探すしかないだろう。私のように自分で作ることも出来る。
自分で作る場合は、第一にライ角に注意する。使いやすいと思える限り、出来るだけ大きなライ角の方がいい。ただし78度を超えるとルール違反になる。ロフトは今時3度から4度程度が普通だが、昔は7度くらいあった。センターシャフトの特性を生かすなら、普通よりもやや小さい方がいいように思う。前向き用はまた別の注意点があるが、ここには書かない。
筆者

« T字型グリップ | トップページ | 0750 私がパット馬鹿の理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« T字型グリップ | トップページ | 0750 私がパット馬鹿の理由 »