« 103ヤード8番アイアン、ロフトの変遷(ロングアイアンが打てない理由) | トップページ | ゴルフやっていないけれど »

妙な話ではない。それはハンバーガーグリップの少し先にある、と私は思っている。左手を超ストロング、右手をややスライス気味のグリップで、スクエアを少しだけ越えた位置にセットする。つまり、左の手の甲はスイング中にその面の向きを変えず、常にスイングプレーンと同化している。ずっと前を向いている感じ。


右手はその左手の面に対して直角に、T時を形成する。無論これはイメージの話で、実際にそうはなれないのだが、気分はきっちりとT字型である。わかりやすいように言えば、テレヴィでも見ながら左手の甲を天井に向け、その上に右手を空手チョップのように直角に乗せる。左手の中指の上に右手の小指がピッタリと乗るような格好をしてみる。


この格好からバックスイングをしたつもりで腕と体を動かしてみると、ちょっと苦しいところもあるが、左手の平が常に同じ方向を向いているので安心感がある。これがクラブフェイスの向きにちょうど直角になって動くのだから、フェイスの面は安定している。スクエアスイングのように面の向きが開いて閉じる、そういうイメージはない。


上手なゴルファーはスクエアというグリップを使って、そういうフェイス面の変化を許す代わりに飛距離を手に入れるのだが、練習量の少ないアマチュアにはなかなか難しい技術だ。私はフェアウェイウッドとドライヴァーにこのグリップを使う。アイアンでも使うが、フルョットすると飛距離が出過ぎるし、アイアンは飛距離ではないので、普通のスクエアを使うこともある。 筆者

« 103ヤード8番アイアン、ロフトの変遷(ロングアイアンが打てない理由) | トップページ | ゴルフやっていないけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 103ヤード8番アイアン、ロフトの変遷(ロングアイアンが打てない理由) | トップページ | ゴルフやっていないけれど »