« エンジン回転数とタイヤ回転数 | トップページ | プロの練習、アマの練習 »

ティーショットが真っ直ぐ飛びさえすれば、ゴルフは相当簡単なスポーツになる。ところが、サッカーのインステップキックはよく飛ぶが、このイメージでドライヴァーを振って、まず真っ直ぐに飛ばせるゴルファーはいない。


インフロントキックやアウトフロントで打てば、ボールはスライスかホックするようになっている。トウキックは低い弾道で一番飛ぶかも知れないが、宝くじ並の確率でしか真っ直ぐには飛ばない。


というわけで、ドライヴァーショットにはインサイドキックが妥当だと思うのだが、これははじめから飛ばないことがわかっている。たとえば右足なら右の土踏まず側全体で打つ。普通は短いトスを出すとき使うが、ペナルティキックでも相手キーパーの逆を突くことが出来ればボールはコロコロとゴールに転がり込む。


ドライヴァーという道具はゴルファーのイメージを反映している。それで一般的にはインステップキックをイメージしたドライヴァーが売れ筋になっている。うまく打てれば飛距離を稼げるが、アマチュアが打つと左右どちらにでも曲がるし、プロでも普通はホックする。


万が一のホックを嫌う上級者はインフロントキックをイメージしたドライヴァーを探して使う。飛距離が少し落ちても、そこそこ曲がりの少ない打球が打ちやすい。私のように全く飛ばないインサイドキックをイメージしたドライヴァーはない。だから自作する。


スライスに悩む初心者用には右足のインフロントで打つドライヴァーが用意され、ホックに悩むアヴェレイジゴルファーにはアウトフロントのようなイメージのドライヴァーがセッティングされている。


つまり、ドライヴァーという道具を選ぶには、どれだけ飛距離を犠牲に出来るかがキーポイントになっていて、パワーのあるゴルファーはインサイドキックイメージのドライヴァーを使えばいいスコアが出せるのだが、飛距離の魅力に勝てない。


非力なゴルファーはインフロントキックのイメージを持つドライヴァーを使い、練習量で方向性を保つわけだが、相当練習しないと左曲がりはとめられない。そういうゴルファーはいっそのことアウトフロントイメージのドライヴァーを使うのがおすすめだ。


これだとスライスになりやすいのだが、ホックをとめるよりスライスさせない打ち方の方が容易(たやす)い。ホックはオーヴァーシュート、勢い余ってクラブが勝手に行き過ぎることだから、それはもはやゴルファーのコントロールの外にある。どうにもならない、というより、もっとパワーが必要、と言うことで、無い物ねだりに陥る。

がしかし、スライスはゴルファーの力みが行き過ぎるために起きるものだから、それは本人がちょっと遠慮するなり何なりすればとめられる。だからアウトフロントキックのイメージ、言い換えればスライスしやすいクラブを選択してそれを上手に使う、というのがいいと私は思うのです。筆者

« エンジン回転数とタイヤ回転数 | トップページ | プロの練習、アマの練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エンジン回転数とタイヤ回転数 | トップページ | プロの練習、アマの練習 »