« 0761 シャフトは重い方がいい、場合もある | トップページ | 0763 ゴルフクラブとスイング、その北極と南極 »

ダフリとトップの勘違いについて

ダフリというのはボールの右手前を打つことではない。トップというのは、ボールの上を打つことではない。大昔に「シャンカーはダフらない」と言った。それから数十年が過ぎて、長い休みのあと、久しぶりに素振りをしたら、ダフッた。そしてクレンザーの痕はアイアンフェイスの先端に引っかかるようについていた。こんなことはなかった、ずっと昔から。


そう、ダフらなかったシャンカーがダフるようになったら、トウキャッパーに変身していた。つまり、ダフるという事実は、ボールの手前でクラブヘッドが地面に当たる、という当たり前の現象ではなく、実際には予定していたスイングラインが、ボールより体に近いところを通過する、という異常現象を意味している。


トップはその逆で、ボールのところでヘッドが浮いている状態でボールを打ってしまう、という事実より、スイングの軌跡が予定したラインと違って、ボールのある位置よりも体から遠いところを通る、つまりシャンクしかかっていることを意味している。


誰でもトップしたら次のショットで修正しようと思うだろうし、ダフったときも修正しようと思う。どう修正しようとするか、それは目に見える事実分を補正しようと思うだろう。その補正でうまく行けばいい。ただ、補正分だけボールの下や上を打つことでうまくいったとしても、事実はそうではない。


スイングが、通過するべきラインから上下に外れているのではなく、体から見て遠く、あるいは手前の、体の近くを通ってしまっているのが原因なのだ。この事実がわかってしまうと、ある意味でダフリやトップは想像以上に恐ろしい状態だと気付く。逆に修正するための正しい展望も開ける。


ちょっとダフリ気味になったとき、それはアイアンフェイスの先の方でボールを打っていると考えられれば、うれしいでしょ。ちょっとトップ気味になっていると感じた日は、シャンクを心配するべきだと思えるし、フェイスのネック寄りでボールを打っていることに気付けば、それなりの補正が出来る。


クラブヘッドが予定よりも上下にブレている、と思うだけで修正がうまくいくとしても、そういう補正をしているつもりで、実際はスイングラインを体から見た場合に、その遠近が補正されているわけだ。目で見た事実を素朴に補正したつもりで、うまくいかなかったときには、そのミスの真実に意味が出てくる。


上級者はフェイスの真芯でボールを捕らえるのだから、ちょっとでもズレたら困る。そのちょっとのズレを、ダフリ気味とかトップ気味という感じから修正する。しかしそれがまさかシャンクとかトウヒットという大きなミスショットの予兆だとは思わないだろう。修正の仕方を誤れば迷路に落ちる。 筆者

スイングプレーンという円盤が、ダフリでは地面の方へスライドしているのだと普通は思う。ボールは依然としてスイングプレーンの上にある、と信じていただろう。そういう原因でのダフリやシャンクももちろんあると思う。

しかし私のシャンクやトウキャッパー(フェイスの先端にボールがやっと引っかかるように当たる状態)はスイングプレーンがスライドしたのではなく、その傾斜が変わっていた。

ボールの位置を含んでいるはずのスイングプレーンの傾斜が小さくなって、ややフラットになったときシャンクし、逆にプレーンの傾斜が立ってきたときにトップ、あるいはトウキャッパーになる。

前者は容易に想像できるが、後者はなかなか気付かない。フェイスの真ん中にボールが当たらないと距離や方向に誤差が生じる。気が付いて修正しようとするとき、普通のイメージで修正できなかったら、私の話を思い出して欲しい。

お願い

このタイトルが参考になったと思う方があれば、コメント欄に参考になったと一言お願いします。文字を書くのが面倒であれば、空メールならぬ、空コメントでも結構です。もしもハンディキャップをお持ちであれば、数字だけ記入していただければありがたいです。

私が「シャンカーはダフらない」と言ったのはもう20年以上前のことですが、そのときはただそれだけで、なぜかはわかっていませんでした。今になって事実の全容がわかり、非常に興味を持っています。

うまくすれば、シャンクやトウキャップ(クラブフェイスの先端でボールをヒットしてしまうミス)の根本原因を突き止められるかも知れません。よろしくお願いします。

« 0761 シャフトは重い方がいい、場合もある | トップページ | 0763 ゴルフクラブとスイング、その北極と南極 »

コメント

いつも興味深く拝見しております。コースに出るとダフリとトウキャップばかりなので、今回のエントリ、大変参考になりました。hdcpは9です。シャンクは殆ど出ません。

私はインパクトで両肩が力が入って持ち上がり、その結果腕とクラブの角度が鈍角になり(つまりグリップが浮く)トゥヒットするのかなと思っていました。

それは、広義ではスイングプレーンがずれるということになるのかもしれませんが、スイングプレーンの傾斜が変わると言うのはなるほどという感じです。

プレーンを意識して練習したいと思います。ありがとうございました。

投稿: hiro | 2017年6月27日 (火) 13時37分

ひどいシャンクはあまりでなくなりましたが、たまにシャンク気味になることがあります。おっしゃる通り、トップ気味になることが多いです。

ありがとうございました。

投稿: たー | 2017年6月24日 (土) 15時18分

(^O^)/

投稿: | 2017年6月24日 (土) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0761 シャフトは重い方がいい、場合もある | トップページ | 0763 ゴルフクラブとスイング、その北極と南極 »