« 0769 クラブセットの「フロー」という言葉 | トップページ | 0771 アーカイヴ「ハンバーガーグリップ」 アマチュアのゴルフスイング »

センターシャフトパターのフェイス角など

センターシャフトのパターを、シャフトのどこかで指に乗せてバランスをとると、センターシャフトなんだからフェイスは水平になる、はずだが、ならない。やはり先の方が重くなっているのか、やや傾斜してとまる。これが気に入らなくて、必ずおもりをつけて水平を保つのだが、どこまで意味があるのかわからない。


とりあえず、この方向性で行き着くところまでいきたいと、そう思うばかり。ところが、思わぬことに気づいてしまった。あなたのセンターシャフトパターはフェイスが上向きになりますか、それとも下向きになってとまっていますか。私のパターには両方ありました。どちらがいいのでしょう。


シャフトがグースネックで、フェイスよりも前(左側)にシャフトがあると上を向きます。ボールを押すという感じではなく、引きずる感じになるでしょう。フェイスがシャフトより前に出ている、言わばリヴァースグースの場合は逆にフェイスが下向きになります。私のアイアンはイージー・スワンですから、かなり強いリヴァースグースです。


アイアンとの相性という点ではフェイスが下向きになる方がいいのかもしれません。実際売られているセンターシャフトはたぶんフェイスが上向きになると思います。普通のアイアンがグース気味ですから、それに合わせてあるのかもしれませんが、事実はわかりません。これが新たなポイントの一つ。


もう一つ気づきました。ライ角を変えられる市販のセンターシャフトパターを持っているのですが、おもりでバランスさせてフェイスが水平になるようにした後で、ライ角を変えるとバランスが崩れるのです。ライを寝かせていくと、つまりライ角を小さくしていくと、フェイスのトウ側が上がりました。


つまりかかと側が重くなったような感じになるのです。この変化は微量ですが、変化は変化です。言い換えると、パターを構えたときに少しでもハンドダウンにすればかかと側が重いパターになり、いつもよりもハンドアップして少しつり下げ気味にすると、トウ側が重いパターになっているわけです。


一本のパターで使い分けができるという考えもありますが、横向きパッティングの場合はかなり大問題でしょう。ボールが引っかかるか押し出されるか、に大きく影響しますから。センターシャフトの意味が問われるわけです。私のような前向きパットでは、とにかくフェイスがきっちりとバランスしていれば合理的なので、あまり問題ではありませんが。 筆者

« 0769 クラブセットの「フロー」という言葉 | トップページ | 0771 アーカイヴ「ハンバーガーグリップ」 アマチュアのゴルフスイング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0769 クラブセットの「フロー」という言葉 | トップページ | 0771 アーカイヴ「ハンバーガーグリップ」 アマチュアのゴルフスイング »