« 0768 380グラムドライヴァー、414グラムフェアウェイウッド | トップページ | 0770 センターシャフトパターのフェイス角など »

クラブセットの「フロー」という言葉

クラブの長さは降順というか、だんだん短くなっている関係で、シャフトの重さやバランスや硬ささえも考慮してクラブをセッティングする、という考えが生まれた。シャフトのフローもあれば、アイアンヘッドやウッドヘッドのフローもある。商売上ではいつ頃からだったか忘れたが、そんなことは昔からやっていた。フローそのものはなるほどと思えるが、問題はどのようなフローが正解か、という点である。


すでに商売的には定石が出来上がっているようだが、本当にそうなんだろうか。もっと別の理論はないのか、あるはずだ。だって定石は一つではあり得ないものなのだから。沢山の定石があって、その中に、自分が好きな、一番スコアがまとまる定石がある、はずだ。


アイアンの長さを統一したことがある。何度かある。この場合、シャフトのフローはどうなるのか、なくなるのか。ヘッドの形状的なフローはなくならないか、なくなるか。またその場合にウッドとのフロー関係はどうなるのか。誰も知らない。誰も考えていない。メーカーが言うことを鵜呑みにしてお金を出すばかりだ。


私が「フロー」に出会ったのはずいぶん前の話で、打ちやすいようにクラブをいじり回して何年かたったら、クラブの番手ごとにバランスが変わっていたのに気付いた。それもきちんと「フロー」していたので、ああ、そういうこともあるな、と思った。当時の私のアイアンは、アイアンが長くなるほどバランスは軽くなっていた。


当時売られていたアイアンセットはバランスがセットごとに一定していた。D-1とかD-2とかC-9という風に1セットが同じバランスに統一されていた。私は異端者だった。笑われた。私を笑っていたメーカーやゴルファーが今「フロー」にやられている。くだらない話だ。


現在まるで統一理論であるかのように言われている「フロー」は、たぶん昔からのバランス一定、という法則にしがみついて、あるいは固執して、あるいは意地を張って、その上に成り立つように理論が作られているだろう。メーカーは面子(めんつ)にこだわって理論を歪ませている、かも知れない。


全ての根本にあるのはただひとつ、「同じ振り味」を実現することだ。しかしそれだっておかしいと言えばおかしい。バッグの中のクラブセットが重さやバランスを異にしていて、バラバラだったとしても、ゴルファーの打ち方の方をフローさせればいいとも考えられる。

このフロー方法の利点は、ゴルファーがクラブを握った時点で、目をつぶっていても何番アイアンかわかることで、それはつまり、そのクラブはどうやって打てばいいか、個別にイメージを作っておける点だ。世間で言われているフローが正解だとすれば、ある日のラウンドで一本駄目なら全部駄目、ということになるが、この人間的フローはそうならない。

そもそも非力な女性が何番を持っても同じ距離しか打てないのを,何とかするのが本来のフローであってしかるべきだと思うが、どのメーカーもそれは作らない。作れるのだ、私なら。フローというものをもっと大胆に,柔軟に考えられさえすれば、出来る。


その昔、三越のゴルフ用品売り場へ行ったことがある。そのときプロショップの店員が、私のアイアンはライ角が皆同じだと驚いていたが、私は平然とそれに答えて「それはこちらで姿勢を変えてアジャストするのです」と言ったら、不思議そうな目で私を見たが、馬鹿にしているというより感心しているようにも見えた。下半身が丈夫なんですね、と言われたかも知れないが忘れた。


またある時、ライ角が番手ごとにぎくしゃくとギザギザな数値になっていたこともあった。気付いた誰かになぜかと訊かれて、答えた。「番手ごとの飛距離は、私のレヴェルではそんなに正確にはなりません。それよりも、右に飛んでは困る場面とか、左が池とか、どちらかには絶対に行かないようにするため、隣り合った番手のクラブに、交互にそういう性質を持たせ、距離より方向でクラブを選ぶためです。」これも以前書いてある話だ。


これも一種の「フロー」である。ゴルファーは今、重量フローだとか振動数フローだとか、とにかく既製の理論を唯一無二と信じてクラブを買い替えているが、フローには各自に自分なりのフローがあると考えた方がいい。せっかく今までうまくいっていたクラブを、わざわざ怪しげなフローに合わせて失敗するくらいアホな話はない。 筆者

« 0768 380グラムドライヴァー、414グラムフェアウェイウッド | トップページ | 0770 センターシャフトパターのフェイス角など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0768 380グラムドライヴァー、414グラムフェアウェイウッド | トップページ | 0770 センターシャフトパターのフェイス角など »