« 0765 「手前から攻める、アホ」に効果的なアドヴァイス | トップページ | 0766 ボディーターンスイングとは »

頂いたコメントはなぜかうまく公開できないでいますが、どうも、常識というか、当たり前の話が,意外にそうではないのかも知れません。私自身「シャンカーはダフらない」と言いましたが、理由はわかりませんでした。

誰が考えてみても、ダフるというのは、スイングプレーンという円盤が角度を変えず、そのまま雪崩(なだれ)ように下方へスライドして地面に突き刺さる格好になって、それでダフる、と思うわけです。私もそう思っていました。

逆に円盤が上へとスライドすればトップになるわけですが、コメントを読んでいると、そういう当たり前に見える方の感想、コメントがありません。円盤の角度が変わる、という、やや特殊な事情に見えるダフリやトップが、もしかするとダフリとトップの主体的な原因なのかも知れません。

これについてのコメントが増え、サンプルが増えるまで、しばらく様子をうかがうつもりですが、もしも私が指摘した特殊な方の原因がメインの原因だったとすれば、ボールをフェイスの真ん中で打つための努力に、効果的な練習方法が見つかるかも知れません。 筆者

« 0765 「手前から攻める、アホ」に効果的なアドヴァイス | トップページ | 0766 ボディーターンスイングとは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0765 「手前から攻める、アホ」に効果的なアドヴァイス | トップページ | 0766 ボディーターンスイングとは »