« 0778 サンドウェッジの選び方 | トップページ | 0775 シャフトのトルクからスイングのトルクへ »

ティーショットでボールが右に飛び出す非力な女性のために

無論、はじめから右を向いて構える、初心者の癖もあるが、それは周りの人が教えてあげれば済む。ようやく目標に対して真っ直ぐにスタンスを取れるようになって、それでもボールが右に飛び出す。こういう女性ゴルファーを沢山見かける。


だからといって左に向いて構えなさい、というような恐ろしいアドヴァイスをすると、今度は本当に左に飛んでしまう。これがゴルフだ。フェイスをシャットにしたところで、ボールが上がらなくなるだけで役には立たない。これがゴルフだ。


ゴルフスイングは心理的な要素が大きく関わるし、釣り竿のようにヘッドの重心とシャフトの軸が一致しないので、フェイスの向きを変えたりアドレスの方向を変えたりするとすぐにヘッドの挙動が変わる。それで思い通りに行かない。そういうのは悪いレッスンの典型である。無論時間を掛ければ意味のあるレッスンなのだが、ゴルフ場でプレー中にすべきレッスンではない。


テニスコーチとしての長い経験から、プレー中に出来る一つの不思議なアドヴァイスをするので、非力でボールが右に飛ぶ女性ゴルファーの皆さん、是非やってみていただきたい。それはテニスのレッスンと全く同じ事なのだが、絶大な効果がある。


たとえば100ヤード先の右側にバンカーがあるとする。それをあなたは見て知っている。そうすると必ずそのバンカーにボールを打ち込む、でしょ。テニスのレッスンで生徒がボールを打つ。それが相手コートのベイスラインをオーヴァーする。アウトだ。


生徒は「ボールの行き先を見ていた」と言う。それは当たり前のような気がするだろう。しかしそれは事実ではない。そこで私が言う。「いつもと同じようにボールを打っていいから、ボールを打ったらすぐにネットの白帯を見つめなさい。ボールを見てはいけません」と。


これを実行すると、あら不思議、ボールはオーヴァーしなくなるのです。変な話でしょうが、事実です。この事実が何を意味するかは長くなるので書きません。しかしティーショットでも必ず効果があると思います。


やり方はこうです。いつものように構え、いつもと同じに打ちます。ただし、打った直後に目でボールを追いかけず、ボールの行き先を見ず、打ったらすぐに目標方向の左側にある木など、あらかじめ目印を付けて置いたところをさっと見つめてください。


目印の決め方は、普段右に飛ぶ度合いと全く同じ分だけ逆方向左側に、見つめる場所を決めるのです。たとえば普段真っ直ぐに構えていて右20度へボールが飛び出すならば、真っ直ぐよりも左側20度にある木やマウンドなど、何でもいいですからハッキリ見える目印を見つけてください。


ボールを打つより早くその目印を見てはいけません。ボールは普段通りに打ってかまわないのです。ただ、ボールを打つ前に、その目印の位置を目で確認することだけは忘れないでください。それからボールをいつも通りに打ってください。そして決して打ったボールの行き先に一瞬たりとも視線を向けずに、すぐにその目印へさっと視線を持っていくのです。


これは確かに変な話です。だってボールはもう打った後なのですから、ボールの行き先はその後にどんな動作をしたって変わるはずがないんです。しかしこれが変わるのです。そこがこのレッスンの不思議なところなのですが、絶対にうまくいきます。 筆者

もしもうまくいかなかったら、コメント欄に書き込んでください。このブブックを読むのはたぶん御主人でしょうから、御主人がコメントに,どういう感じで効果がなかったかを書き込んでください。

« 0778 サンドウェッジの選び方 | トップページ | 0775 シャフトのトルクからスイングのトルクへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0778 サンドウェッジの選び方 | トップページ | 0775 シャフトのトルクからスイングのトルクへ »