« おもりの位置を変えられるドライヴァーを見た | トップページ | シャフトを替える代わりにグリップ方法を変えてみた »

ゴルファーの高齢化とシャフトの釣り竿化

テレヴィのコマーシャルで見た人もいるだろうが、磯の投げ竿のような、5メートルを越える長さのドライヴァーを振っている映像がある。グニャグニャしているのでボールに当てるのが大変だと思うし、真っ直ぐ飛ばすのはもっと大変だ。しかし、あれは冗談ではなかった。


あのシャフト、長さを普通のドライヴァー程度に短くすれば、この頃の柔らかシャフトのドライヴァーより硬いと思う。それより何より、あの映像は、この頃高齢ゴルファーが買い求めて使っているドライヴァーとそっくり同じ動きをしている。だから冗談ではないのだ。


技術の進歩で、非常に軽いにもかかわらず、相当硬いシャフトを作れるようになった。硬いシャフトは欲しいけれど重くなるのが困る、というゴルファー達、たとえばプロゴルファーなどはその恩恵にあずかっている。満足な硬さを持ったシャフトが軽すぎて困る、という贅沢な悩みさえ出てきている。


ある程度の重さは安定したスイングに欠かせない要素だということに、初めて気付いたゴルファーもいるだろう。そういう状況の中、ドライヴァーのシャフトは軽さの限界を超え、もう軽さを売りに出来なくなったメーカーが、シャフトの柔らかさを売りにし始めた。


すでにヘッドの重さは200グラム前後で落ち着いた。これもまた、技術の進歩が力学の推奨する限界の軽さまで届いてしまった結果だ。これ以上軽くしてもボールは飛ばない。ボールの重さが決まっている以上、200グラムより軽いヘッドではヘッドがはじかれる度合いが大きすぎて、ボールを飛ばせないのだろう。


シャフトが柔らかいほど、振ったときに、より軽く感じられる。ダウンスイングを始めてしばらくはヘッドが動かないのだから、重さはないに等しい。しなったシャフトにはエネルギーが貯まる。しなりが戻るのはシャフトが勝手にやってくれることだから、力はいらない。


上手に振れれば、柔らかなシャフトの方がいい。無論、しなった分のエネルギーを出来るだけロスなく取り出せるシャフトが必要だが、そういう技術は幾らでも進歩する。こうしてパワーが落ちたと感じるゴルファー達がこぞって柔らかなシャフトの、もっと正確に言えばねじれの大きなシャフトに走っている。


パワーがまだ十分あるゴルファーも、しなりのパワーを使おうと、ねじれの大きなシャフトを試みている。ヘッドが戻るのを待つならば簡単だが、それではせっかく持っているパワーを使い切れない。


軽く打つのでなく、パワーいっぱいに振ることを前提にした場合、簡単なのはバックスイングを大きくすることだろう。助走を大きく取れば、ヘッドは戻る時間を与えられ、目一杯打ってもヘッドはきちんと戻ってくるのでスライスは出ない。これなら軽いシャフトを作る技術の恩恵をパワーヒッターも受けられる。


バックスイングを大きくする以外に、もう一つの方法が考えられる。それは昔のプロゴルファーの中に時折見られた逆「く」の字型バックスイングだ。普通のバックスイングはヘッドから動き出すというか、動きが速いのはヘッド部分で、腕の部分より大きく動く。


もしもヘッドが固定されているのを知らずにバックスイングを始めたらどうなるか。腕や手首がバックスイングを始めてもヘッドは動かない。つまり、わざとしなりを作るのである。柔らかなシャフトが、ダウンスイングが始まってもすぐにヘッドを動かさないで自然に「ため」を作るのと同じ事を、ゴルファー自身がわざと「ため」を作る。


釣りでもそうだが、大きくて重い磯の投げ竿は、野球のバッティング同様、バックスイングのトップでバットや竿をとめて構える。そこからスイングをスタートさせる。しかし軽くてしなりの多いベイトロッドやフライロッドではバックスイングで「逆しなり」を作り、その逆しなりを切り返すことでルアーやおもりを遠くに投げる。


この方法だと、バックスイングの大きさ、つまりスイングのトップの位置を変えずにヘッドをインパクトまで戻すことが出来る。投手の投球動作を見れば、バックスイングで手首は手の平側に折れている。それがダウンスイングというか、投げるフォームになったとき、コクッと手の甲側に折れてまた戻る。一瞬の早業だ。無論意識的にするわけではなく、蝶番(ちょうつがい)をパタパタさせるようなものだ。


今まで巨大なパワーを持ったプロゴルファー達はどちらかの方法でフルショットしていた。そうしないと、シャフトのしなりでスライスがとめられなかった。硬いシャフトというか、トルクの小さいシャフトがなかったのだ。しかし今は違う。彼らのパワーでも硬いと感じられるシャフトは手に入る。


ところが、人間というのはどこまでもどん欲だからパワーが有り余っていても、しなりを使うともっと飛ぶなら、使いたいと思う。ボールコントロールの難しさとの兼ね合いがあるのでまだアメリカのプロは積極的に使っていないが、そのうち使い始めるだろう。今は軽いのに硬い、という現代のシャフトの恩恵だけで満足しているようだ。


日本人のプロはこの限りでない。飛ばさなければ海外で通用しない分、もう30年も危険を冒して挑戦し続けている。そしてアマチュアは生活がかかっていないし、楽しめればいいゴルフだからと、新しい「しなるクラブ」が出るたびに買い替えるので、いつまでたってもスコアが安定しない。


ギリギリ使えるとわかった柔らかさで妥協すればいいのに、使えるシャフトが出来るともうちょっと先へ、と思うのである。それではどこまで行っても切りがない。


私は柔らかなシャフトを使わない。軽いクラブも使わないが、それはそれで切りのない追求という点では同じだ。インとアウトの最初のティーショットは左に曲がる。18ホール休みなくプレーできれば左へのミスは一度で済む。人徒はシャフトが硬いからだと言う。その通りだ。


もう少し柔らかいシャフトを使えば真っ直ぐに、しかももっと飛ぶ。けれど、左に飛ぶのは最初の一発だけで、それ以降はややドローだがそれなりに飛ぶ。つまり同じスイングが出来ないのだから、シャフトを替えても意味がないと考える。と同時に、柔らかいほどいろいろ微妙なことが出てくる。私はそれを嫌う。


フルショットで真っ直ぐ飛ぶドライヴァーがあったとして、それがラウンドの最初の一発目に真っ直ぐ飛ぶなら、それから先はスライスが出るだろう。そこでパワーをやや押さえ気味に打たねばならなくなる。それは無駄なことだし、柔らかければ柔らかいほどスイングの微妙な変化に敏感に反応してしまう。



硬いシャフトは素直である。スイングに対してごく単純に反応してくれるからミスの意味がとてもわかりやすい。しかし柔らかなシャフトになると複雑に反応してくるので、話がややこしい。私はそれを嫌う。重さについても同じ事だ。


私のクラブはドライヴァーを除いてすべて400グラムを越える。ドライヴァーだけが300グラム台だが、それでも370くらいあるのが多い。今のところ一番軽いので347グラムだ。どれもゴルフをしないから使ったことはないが、やはり振った感じは370グラムの方がいい。


軽いクラブはスイングのタイミングや速度が少し変わっただけで結果が大きく変わるが、重いクラブは鈍感と言うか、安定感があると言うか、とにかくアッと驚くミスは出ない。18ホール回ってギリギリ疲れによるミスが出ない程度に重いクラブがいい。足が麻痺して帰りの車が運転できないときもあったが、ラウンドの間大丈夫ならいいと、私は思う。


特にアマチュアはラウンドのために体調管理などはやらないし、プレーの前に入念な練習もやらないのだから、同じスイングをワンラウンドずっと続けられないというのを前提にしてクラブを選べば、重くて硬いクラブというのが正解ではないだろうか。


………………………………………………………………

テニスでもラケット選びは重要だが、普通のレヴェルの人が店頭でラケットに触れてみて、いいなと思ったラケットは軽すぎる。振りやすさに心を奪われるからだ。ゴルフボールは止まっているが、テニスは飛んでくるボールを打つ。飛んでくるボールにはスピードとスピンという要素がある。


軽いラケットは振りやすいが、スピードのあるボールを打ち返そうとするとはじかれて思い通りの方向に打ち返せない。ひじや手首を痛めやすい。上級者は肩を痛めることはあるが手首やひじは滅多に痛めない。ラケットが相応な重さを持っているからだ。


現代のテニスはストローク主体なのでラケットは硬くなっている。そういうラケットはスピンに対応しにくい。初心者相手に意識的に強いバックスピンを打てば大抵ネットしてくれるし、トップスピンを掛けたらホームラン。自由自在にポイントが取れる。


ガットの張りもストローク用に硬くなる傾向がある。柔らかいと一瞬打球が飛び出すのに間があって使いにくいからだが、そういうラケットはいよいよスピンの掛かったボールに対応できなくなる。


それに対して柔らかく張ったガットの場合、ボールが当たるとガットは捕虫網のようにへこみ、ガットの中にしばらく滞在する。その間にスピンがほどけてただのボールになってくれる。だからスピンの影響を受けにくい。自動的にミスを防いでくれるから、ラケットにとって柔らかさには重要な意味がある。


こうして考えるとゴルフクラブも柔らかい方がいいような気もするが、ゴルフボールは止まっていることを忘れてはいけない。ティーに乗っているボールにはスピンはないし、スピードもゼロだ。したがって柔らかさを上手にコントロールできる場合を除けば、柔らかいクラブにメリットはほとんどない。


硬いクラブを使ったときのミスは完全に自分のせいだとしか言えないが、柔らかいクラブのミスはタイミングがちょっとズレたわけで、何となく、半分はクラブのせいだと思うのかも知れない。それでクラブのフィッティングという商売が流行っているのだ。確かに誰にでも一番合っているクラブというのはあるはずだ。


しかしその自分のスイング自体が何百通りもあって、しかもそのどれが何時出るか本人にもわからないという状況で、フィッティングなんて意味あるんだろうか。 筆者




« おもりの位置を変えられるドライヴァーを見た | トップページ | シャフトを替える代わりにグリップ方法を変えてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おもりの位置を変えられるドライヴァーを見た | トップページ | シャフトを替える代わりにグリップ方法を変えてみた »