« 796 Ben Hogan Power Thrust 落札できず、残念 | トップページ | 798 おもりがスライドするドライヴァーの表示に疑問がある »

ずーっと昔から不思議に思っていることがあった。初心者がドライヴァーを思い切り打てばドスライスで右に飛ぶ。それが当たり前というか、自然だ。ちょっと手加減してインパクトを合わせれば左に飛ぶことがある、というのもまたわかる話だ。


ところが上級者やプロになると、当然のことのように話は逆転する。力一杯気合いを入れて打てばドローするのが普通になる。意味はわかる。事情もわかる。しかしそれが正しいのか、という言い方は変だが、それでいいのか、と言いたいのである。


練習の果てに、スイングに無駄がなく洗練されてくれば、インパクトはアドレスの再現になる。体勢はともかく、クラブはそうなる。このとき、ヘッドが走ってシャフトが逆「く」の字になるからドローするというより、そもそもインパクトでクラブヘッドが正しい位置に来てしまえば、ドローする。

インパクトは点でなく線であり、インパクトという言葉には時間の流れがある。ボールに当たった瞬間にクラブヘッドが正しい位置にあれば、当然ボールが離れるときにはフェイスは左向きになっているから、それでドローになる。

これを修正するため、上手なアマチュアはシャフトをちょうどいい具合に柔らかくするのが一般的で、硬くするゴルファーはいない。硬くすればもっと左に飛ぶのは目に見えている。しかしそういう調整法は正しいのだろうか。初心者の自然は上級者にも通用するのではないか。

柔らかなシャフトに替えてボールの軌跡を調整すること自体が、果たして自然だろうかと思うのである。私のドライヴァーシャフトは硬い。私にパワーはない。8番アイアンで120ヤードのパワーである。それでも私は考えた。ヘッドを重くすれば、左に飛ぶのをとめられないか、と。

ヘッドにウェイトを取り付ける場合、ドローにするとかスライスにするとか、いろいろ調整機能が付いたヘッドなどはあるが、それらはシャフトの柔らかさと相互協調するので話がややこしい。

そうではなく、単に重いヘッドにすれば硬いシャフトが相対的に柔らかくしなる分を含め、ヘッドが遅れてくるのではないかと思った。これだとシャフトの硬さは相変わらず硬いのだから、直感的なイメージとヘッドの挙動との間のズレは小さいままだ。

イメージは変わらなくとも、ヘッドが重い分ヘッドの戻りは遅れてくる。これならスイングの調整をしないで、インパクトでボールをリリースする瞬間にフェイスが目標を向くかも知れない。というわけで、ヘッドにおもりを付けていった。

素振りをしながら「このくらいかな」と思うところでクラブの重さを量ったら、何と420グラムあった。私は非力ではないが怪力ではない。けれどもこのドライヴァーを振るのに違和感はない。ゆったり振れて気分は悪くないし、体に無理も感じない。

果たして、このドライヴァー、ボールは何処へどういう風に飛ぶのか、楽しみだ。これは異常なドライヴァーである。怪力のババ・ワトソンもジャスティン・ジョンソンも使わない。しかし彼らは練習量の多いプロであり、私は練習量のないアマチュアである。

練習なしに真っ直ぐ前に飛んでくれれば、飛距離は今のところ我慢できる。何よりこれが理論的に自然な方法で出来上がったドライヴァーだとすれば、シャフトを交換したり調整したり、自分のスイングに最適な形のヘッドを捜し出したりする手間が省ける。

アマチュアのゴルフマニアは飛距離に特化したクラブを求め、そのクラブの挙動に慣れるまで練習し、それがようやく完成する前にもっと飛ぶクラブを買い求め、再びそのクラブに慣れるための練習を始める。その繰り返しだ。

まぁ、それもゴルフの楽しみ方と言えばそうだが、明日のスコアだけ考えている私にとってはスコアだけが楽しみなので、練習できない以上、これが最善の調整方法だろうか。異常だけれども。 筆者

« 796 Ben Hogan Power Thrust 落札できず、残念 | トップページ | 798 おもりがスライドするドライヴァーの表示に疑問がある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 796 Ben Hogan Power Thrust 落札できず、残念 | トップページ | 798 おもりがスライドするドライヴァーの表示に疑問がある »